FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #後 法然と親鸞~探求の道~ 

親鸞(1173~1262年)
9歳の時に比叡山に登り、
20年間厳しい修行を積むが、自力修行の限界を感じるようになる。
29歳の時に法然の元へ入門する。
親鸞は煩悩が断てないという悩みを持っていたが、
「阿弥陀仏は、煩悩を断てない愚かな人間にこそ手を差し伸べようとなさっている」
と法然は言った。親鸞は、法然に心酔した。

承元の法難では、僧籍を剥奪され越後に流された。
師と共に過ごしたのは6年間だけ
だった。

非僧非俗 庶民の暮らしの中で仏を求め続ける道を選んだ。
戒律で禁じられた妻を娶り、子供をもうけた。

40代の頃、家族で関東に移動。茨城県に草案を結び、活動拠点とした。
現在の千葉や栃木にまで布教活動に赴いた。
御田植え歌
を作り、田んぼに入って歌って教えた。

阿弥陀様の思いを込めた苗代に “おすがりします”の種を植え
たゆまぬ念仏という水を流し    極楽浄土の秋を迎えれば 
この実をとることのうれしさよ    南無阿弥陀仏


教行信証 布教の傍ら、自らの思想を纏めたもの。
阿弥陀様の心を信じた瞬間に極楽浄土が確定する。信じた瞬間にすでに救われている。
その上で悩みや苦しみをどうやって受け入れて生きるのかが大事。

法然は念仏を唱えることが大事だと言った。親鸞は信心こそが大事だと言った。


60代の頃、京都へ旅立つ。豊富な経典のある京都で思索を深めようとしたのだろう。
ところが、関東に残した息子や弟子が誤った教えを流布したり、
勢力争いを起こしたりした。
親鸞は悲しみ、手紙で諭したりして導こうとしたが、関東に戻ることはなかった。
仏の教えはその人を光で照らすが、細道まで導くことはできない。
各々の生き方は各々で決めることだと考えたのではないか。
親鸞はその後90歳で入滅するまで著作活動に専念し、思索を深め続けた。


法然は、不安と絶望が蔓延していた時代に、救いの対象はみな平等だと説き、
自分は救われないと思い込んでいた人々に希望を与えた。

親鸞は、法然の思想を受け継いだ上で、
阿弥陀仏の救いは人間一人一人に相対していて、
各々が苦難の道をどのように生きるか考え続けることを、身を以って示した。

どんな人にも価値があることを見出し、
どう生きるか考えるきっかけを作ったこの師弟は、日本人の意識を変えていった。


2011年は法然の800回忌・親鸞の750回忌で、
所縁の寺では大規模な法要が営まれた。
苦しみと不安からすべての人が救われるにはどうしたら良いか。
長い年月を経た今もなお、変わることのない人の思い。


おまけ
鎌倉新仏教 
貴族の世である平安時代から、武士の世である鎌倉時代へと変わる激動の時代に、
様々な僧侶が新しい仏教を生み出した。
一つの道に重きを持つことが特徴。
武士や庶民が文化の担い手に加わる時代の象徴。

念仏 浄土宗・浄土真宗・時宗(一遍・踊り念仏)
題目 日蓮宗(法華経・南無妙法蓮華経)
座禅 臨済宗・曹洞宗



感想
ブッダは特別な出家も苦行も必要ないと言っていたし、
解脱のために寄進が必要などとは言っていなかった。

でも生まれた所や時代が末法思想に覆われていたから、そのことは分からない。
まず現状を把握して疑問に思って変えることが必要だったのだな。

どうせ頑張っても苦しみから解脱することはできないと絶望していた人々に、
阿弥陀様を信じることで救われるから、頑張って生きようと励ました。

全ての人を救いたいと言う意思を持って、末法の世で真剣に考えた法然と親鸞は、
当時の無意味な価値観を壊して大勢の人を救ったのだなあ。

ブッダの教えの、「自分の意思を持て」という部分に近いと感じたのですが、
いかがでしょうか。

「いわんや悪人をや」を出さないことで、素直に理解できる気がしました。
#2 歎異抄 悪人正機について。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper