FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #後 “奇跡の糖”が人類を救う 

希少糖
自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体。ブドウ糖以外の単糖の大部分。


プシコース 0.001%しか存在しない糖。成長抑制作用がある。

ズイナ タイの一部でわずかに生息している植物。漢方薬になる。
成長が遅く、他の植物の片隅で生きてきた。
しかし、地球で唯一プシコースを作り出すことができる植物だと分かった。
遺伝子の突然変異で、プシコースの成長抑制作用が効かない。
成長したズイナは、プシコースを葉の表面に生成し、
葉を落とすことで土にプシコースを染み込ませ、自分の領域を守る。
ズイナが生き残ったことで、プシコースも生き残った。

香川大学希少糖研究センター 希少糖の生産、生理活性に関する研究開発
を行う。
廃校で行われる国際希少糖学会には、世界中から研究者が集まる。

近年、糖尿病や肥満予防に効果があると、世界が注目している。
生物が落ちこぼれにしたプシコースを、人間が復活させようとしている。


アロース
活性酸素の抑制効果がある糖。様々な病気の進行を遅らせると期待
されている。


イズモリング 何森さんが作った。←駄洒落ですか。
一つ一つの丸が糖の種類、丸を結ぶ線が酵素反応。
今まで存在しなかった糖も作ることができる。大量生産への道
が拓かれた。
糖は、構造が少し違うだけでも全く違う性質を持つことが分かってきた。

安い糖から希少糖を作る研究
 希少糖の値段が下がる。

研究者も予期しなかった希少糖の効果。これからの研究に一石を投じた。


感想
食べられて繁栄。その発想はなかった。
ズイナを見て、生物の多様性という言葉を思い出した。
話はそれますが、字幕の日本語がいくつか変だったな。

糖の世界も過酷なんだな。宇宙にはいろんな世界があるんだな。
人間の目に見えない世界や、人間がその存在に気付かない世界もあるのだろう。
異世界は、あるのだと思った。


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper