FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #2 ミクロネシア MIKURONESIA 

ナンマドールの伝説
2人の兄弟
がこの地に来て、神様の助けを得て島の人達と協力して5年で作り上げた
彼らは魔法が使えたので大きな石を軽々と持ち上げることができた

住民はナンマドール以外の巨石も尊敬しているので、叩いたり削ったりしない。
石はどこかから持って来たとされる。 ←大らかでいいなあ。

巨大な一枚岩に刻まれた謎の絵 
鉄が無いのに剣の絵とか、クジラのような絵もある。叩くと中は空洞らしい。
↑確かめないの?


ジョカージ島 採石場があった。
最大50トンの石を30km以上運んでいた。
柱状節理 溶岩が冷えて固まると六角形のような形になっている。
その玄武岩は自然に五角形または六角形に割れるため、加工が少なくて済む。

ナンマドールの巨石はどうやって運んだのか、他の地を参考にしてみる
1、ヤップ島の、最大2mもの石貨
の運び方
パラオで切り出して加工した石貨を、
筏にくくりつけ、カヌーで500km引っ張った
200kgの石なら船で運べたが、ナンマドールの石は一本でも運ぶのは難しい。

2、イースター島のモアイ
「モアイは自ら歩いて祭壇に立った」という伝説がある。
#4 たけしの新・世界七不思議7 前哨戦

ラノ・ララク山の斜面で切り出した石を加工し、海岸沿いまで運ばれた。
1、寝かせたモアイをそりで運ぶ。
2、台の上に立たせて引く。
3、左右で交互に引く。
4、やぐらを組んでてこの力を利用する。
イースター島の真ん中には700mの輪がある。しかし、ポンペイ島では無理だろう。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper