FC2ブログ
≪ 2019 08                                                2019 10 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -

 江戸経済立て直すんジャー5 

世紀のワイドショー! ザ・今夜はヒストリー
1、上杉鷹山 ヒストリア参照 借金20万両→ほぼ完済。

2、徳川吉宗 就任後15年で、借金48万両→貯金100万両。 
享保の改革 
倹約令
新田開発
上げ米令
 大名に米を納めさせる代わりに参勤交代の期間を短くした
大奥の縮小 
予算の4分の1を消費していたので、
若く美しい50人とそのお付きの女中達、合計約350人を解雇

3、徳川宗春 第7代尾張藩主。派手好きの、今日の名古屋を作った。
温知政要 宗春の21か条の施政方針。
8条 決まりが多いと国は乱れる。
9条 倹約ばかりしていてもいいことなどない。

積極経済 吉宗の治世を真っ向から否定。
金を使ってこそ世の中は回る。
祭り・盆踊りの再開。
二大悪所と言われていた遊郭と芝居小屋を次々に建設
江戸の越後屋(後の三越)が支店を出し、松坂屋の元となる呉服店もこの頃に急成長。
幕府は税を5割に引き上げたが、尾張は4割以下
だった。
一大城下町となり、就任後3年で人口が40%増えた。尾張一人勝ち状態。

1738年 宗春の参勤交代中に政権奪取された。吉宗の陰謀とも言われている。


4、田沼意次 重農政策から重商政策
新田開発も、農民から税収を取るのも限界が来ていた。
当時、商人は非課税だったので、ここから税を取ることにした

通貨の統一  西日本と東日本の通貨を統一。
株仲間の公認 当時は、賄賂は経費という認識だった。
俵物貿易   海外貿易。貝柱・海鼠・鮑の干物などの高級食材を清に輸出
当時の貿易は貴重な金銀が海外へ流出する一方だったので、それを取り戻そうとした

1783年 天明の大飢饉で全てを否定され、
松平定信の寛政の改革へ移り、再び倹約の政策へ戻る。


5、二宮金次郎
 600の村を立て直した。
苦労を乗り越え、24歳でやり手の地主になった金次郎は、
小田原藩主に桜町の復興を命じられた。
当時は地方の過疎化・領民の逃亡が問題
になっていた。
10年間、自分のやり方に口を出さないことを藩主に約束させ、
一年の収穫量の目標を現実的な額にし、
目標を越えた分は新田開発や用水整備などの設備投資に回し、
10年で年貢を倍に増やした。座右の銘は『積小為大』。

入植者の誘致や、農具を買えない農民たちに低金利で融資をしたり、
働き者を表彰し、農具を与えたりもした。

天保の改革を行う水野忠邦が引き抜き、農民から幕臣になった。異例中の異例。



加来耕三氏の言葉  著書日本を再興した起業家物語―知られざる創業者精神の源流
当時の日本は海外に出ることはできず、
一番お金がかかる参勤交代をやめることができなかった。
どうしようもない枠の中でここまで出来た。
現在も学べることがある
と思う。

歴史から学ぶこと
まず二宮金次郎、次に宗春の方法で景気回復、鷹山の策「うこぎ」も植えておく。


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper