≪ 2018 06                                                2018 08 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

 #1 日本語防衛論 纏め 

日本語防衛論日本語防衛論
(2011/04/13)
津田 幸男

商品詳細を見る
 興味を持たれたら、読んでみて下さい☆


英語能力の序列構造
英語圏
  5億人 英語を母国語とする者。

国際英語 10億人以上 英語を第二言語として使う者。
ヨーロッパ・アジア・アフリカなど。
インドやフィリピンは母語もあるが、日常的に英語を話している。
中国や韓国は英語意識が高い。
フランス・ドイツ語は英語に似ている
オランダ・ベルギーは英語が第二言語だとは分からないほど英語が堪能

英語を外国語として使う者 日本など。


多言語主義のEUでも英語格差は起こっている。
国家・企業・個人の別なく、英語ができないと競争に負ける危険がある。

英語ができないと就職・昇進できないとなると、自国の国語は軽視するようになる。
少しでも上の階級に行こうと、世界中の人々が必死で学び、
中には自分の言語を捨てる人も少なくない


国際英語の問題点
1、国際英語が上位、日本語が下位になる
日本で外国人と会議をする時、国際英語で話すのは、
その外国人をVIP扱いするようなもの。
←「重要人物」では伝えきれない気がした。
日本にいるときでさえ、国際英語を話すということは、
それだけ日本語の地位が低いと言っているようなもの。

2、国際英語は訛っている
分かりにくさを利用して日本人を煙に巻く
ことも考えられる。
こういう人たちには無理して英語で対応してはいけない。
彼らに主導権を握らせないよう、自国の文化を守り、尊重させることが必要。

3、まくし立てた者勝ち
世界のほとんどの人達は
過酷な戦争体験や闘争を長い間経験し、
厳しい風土で暮らしてきたので、非常に攻撃的で対立的、支配欲が強い。
自己主張が強く、自己正当化が上手く、自分が正義だと思っている。
彼らは、日本人が英語が下手なことを知っていて、
英語を使って優位に立とうとしている


4、国際英語は平等ではない
聴き手に封じられ、交流とは言えない
ものになる。
世界中の人が日本へやって来て、国際英語で交流しようとしている。
英語の土俵に安易に上がるべきではない。
彼らは「自我」に徹底的にこだわるから。


おまけ
驕れる白人と闘うための日本近代史 (文春文庫) クロスレビュー11年11月18日。
意外に感情的ではなく、特に3章からの歴史は分かりやすい。
日本は開国したから文明開化したのではない。
騙されたり金を持ち去られたりしながら何とか乗り越えた。
ご先祖様の悔しかったことを心に留めて生かしたい。

関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

まどろみ島へようこそ!
この本は何となく思っていたことを明快に表して下さった本だと思って、
一冊まるごと纏めたので、感想を下さってすごくうれしいです!
なるべく短く纏めたけれど#13まで続きます。

私が書いたら単に英語ができない言い訳になってしまうけれど、
著者の方は英語が堪能で、世界で活躍なさっていて、より説得力があります。
そのへんは省略してしまったので、興味を持たれたら本もお読みになって下さい♪

#1の段階で感想を下さったのですが、鋭い意見が多くてすごいと思いました。

>TOEFLの点数にこだわるけれど英語を使いこなしている人は少ない

>6年間かけても英語が身に付かないから小学校や国語にしわ寄せが行く
英語教育の早期化とは、英語強制の早期化なんですよね。
↑「#6 自己本位の重要性」より。

>日本の教育は実用や教養に直結してない
本当にそうですよね。このことは他の記事でも話し合っていますね(嘆息)。

>海外交流が上手くいかないのは英語技術ではなく日本独自の交流の価値観
なるほど、外国の方に比べたら日本人は遠慮深い態度で人と接しますよね。
海外へ行くときは自分の価値観を改めた方がいいし、
迎える立場なら、自国の価値観を認めさせたいなあと思います。
それが、世界の多様な価値観を保持することになるのかなと思います。

海外の人から見たら「行き過ぎた卑下」でも、日本人にとっては普通の感覚なのに、
私もbunicoさんも、無意識に欧米視点で物を考えてしまうことがあるようです。
「#6 自己本位の重要性」で纏めますね。
教育って怖い。私達も染まっているんです。知らない間に。

インド英語やフィリピン英語などは、
この本では、英語圏以外の人が使う英語という意味で国際英語と言っていますね。
「2、国際英語は訛っている」という所です。
日本人は正しい英語を身に付けようとがんばっているけれど
(bunicoさんが仰るように、恥の概念も影響していると思います)、
国際英語を使っている人は、意思を伝える手段として使っているようです。
でも、言葉は道具ではないと、著者様は書かれております。
「#5 それでも今の時代は英語だという人へ」に纏める予定です。

外国の方が日本語の美しさ、素晴らしさ、難しさを知っていてくれたら、
私もとてもうれしいです。
日本語に興味を持って下さる外国の人も増えているかもしれません。

一方で、現状は、英語が有利な世界で、
日本語は国連でも公用語になっておらず、立場が弱いです。
世界では、日本人しか話せない言語という認識が強いのではないでしょうか。

この本のすごい所は、これからどうしたらいいかが明確に書いてある所です。
自国の文化を守りながら、対外的に日本語の価値を高める戦略を纏めていくので、
楽しみにしていてくださいね♪

>外国の習慣や考え方を知れば自国も再評価出来る、英語に限らず…
鋭い! 鋭いですbunicoさん!
「#6 自己本位の重要性」(#6が多いな)より、
英語は外国語の一つとして、選択制にすればよい。
全員履修にしている限り、英語信仰は収まらない。選択にすると質も上がる。
やりたい人が(やりたい言語を)やればよい。と出てきます。

ところで、bunicoさんはスペインが好きだったり縁があるのですか?
どこかの記事で「スペインに行ったことがある」とお見かけしました。
まだ全部の記事は読めていないので、教えて下さったらうれしいです。

私達は日本語が話せますが、
意識しないと認知的学術的言語能力は育たないのだと思います。
↑「#3 小学校の英語教育について」より。
これからも、お互いに努力していきましょう☆

このたびは、読み応えのある感想をありがとうございました!
おかげさまで、より深く考えることができました。
またのご上陸をお待ちしております♪

確かに国語を疎かにしてる現状はありますね。

英語の資格も英検→TOEIC→TOEFLと変遷していますけど結局使いこなせてない人も多い様に思います。
でも受験や就職の為にやって(スコアのみ拘って)いればTOEFLだろうと何だろうと意味は無さそう。

結局(これは英語だけに限らないでしょうが)、身につく所まで持って行けない指導法が小学生から英語をやらねばならない状況を作っているのでは?と私は思います。
そこにしわ寄せが来るのが国語という事で…日本の教育は実用や教養に直結してないという印象が強いです。

コミュニケーションの障害になっているのは日本人の英語下手とかではなく、日本は相手を尊重するのが美徳、自分は出過ぎない、さらに行き過ぎた卑下(日本語が下、と言ってしまうのもそれに当たる気がします)など考え方が最大のネックではないかとも思います。

その英語の出来も…日本人は正しい文法や綺麗な発音を目指しすぎてる様で、ビジネスの世界ではインド英語もフィリピン英語もあって充分コミュニケーション取れてるのに日本人は同じ様に出来ない(主人が英語出来るのでそう思います)。
それも日本人的な恥の概念?が邪魔しているのでは。

そもそも英語圏の人も、話してる人口が多いというだけで他言語に比べ絶対的に優れてるとは思ってるのかな?
むしろ外国の方は日本語の美しさ、素晴らしさ、難しさを知っていて、知らないのは日本人の方…と私は思っています。

だから仮に英語でコミュニケーションが取れたにしろ、自分を知らず、売り込む物がなければ…ですね(笑)

外国語を勉強する事で外国の習慣や考え方を知れば自国も再評価出来る筈で、両方を勉強する事でその理解を深められるなら、英語に限らず何カ国語教えられても良いんじゃ…ただ現状ではそうは行きませんね(^ω^;)

私は英語、喋れる様になりたいです。
一時期スペイン語に取り組んだ事もあります(笑)。
でも日本語がもっとまともに使える様になりたいですね(苦笑)。
この記事へコメントする















06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper