FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #3終 名曲は数学でできている 

Beatlesは数学だ
ビートルズは、無意識ではあるが曲の中で数学を様々な方法で試している
数学的な形式と仕掛みを組み合わせて最高の曲を作っている。

『Here Comes The Sun』 3と4の最小公倍数で作られた曲。
ロックは基本的に4拍子だが、ジョージ・ハリソンの部分は3拍子で演奏。
12拍目で一緒になり、聴衆は引き付けられる。


数学で作曲
 数学甲子園で募集した。
無限に続く円周率を使った曲 ←なんで伴奏があるのだろう。

統計的にバッハの癖を分析した曲 ←これは単音。

幾何学のフラクタルを応用した曲 ←?(笑)。

アルゴリズム作曲法 数学の秩序のみを使った音楽。
世界で高く評価され、数々の賞を受賞している日本人もいる。


初音ミク 旋律と歌詞を入力すると、人間そっくりの声で歌ってくれる。
フーリエ変換という高度な数学を使っている。


服部克久氏
昔は、どの楽器を組み合わせると思い通りの音が出せるか悩んだが楽しかった
今は機械ですぐに音合わせができる。便利になったがつまらなくなった。
でも、モーツァルトが今生きていたら、
子供のように喜んでパソコンの前から離れないだろう。


数学的に美しい音を作り、歌は旋律に詩を乗せる。
数学と文学の結びつきは進んでいくだろう。


ヴィクトル・ユゴー
人間の精神は、3つの鍵によって開かれる。それは数と文字と楽譜である。
知識と思考と夢の全てが、ここにある。



おまけ 
ピアノの音階は平均律音階
ピタゴラス音階を、音合わせや転調に便利なように、
数学的に1音階を12等分して現代版に改良
されたもの。

音階と音程を決める方法として音律があり、
有名なのは平均律、純正律、ピタゴラス音律
それぞれ長所も短所もあるようで、
音階も円周率のように、割り切れるものではないようです。
だからこそ世界は複雑で面白いのだろうな。

ピアノの場合は、
和音の美しさは少し妥協して、違和感なくいろんな調で弾ける事を重視したようです。
↑多分な~(笑)。


感想
頭がしびれました。面白かったです!
bunicoさん見ていますか? 音楽と数学の関係です!

人の心をつかむ音楽は、周波数の美しい比率によるのか。
そこに言葉を乗せると歌になる。

数学も文学も、どちらも大切なんだなあ。数学は宇宙の秩序。
宇宙を知り、人間らしさを調和させる。

ピアノの調律師さんはすごいんだなあ。
完璧というものがない世界で、なるべく美しい音が出るように工夫しているのだから。
今度来てくれた時にこの話をして、詳しい話を聞いて、讃えたいです☆

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

まどろみ島へようこそ!
やはりご覧になっていましたか♪ 
bunicoさんなら見てらっしゃると思って、つい呼びかけてしまいました☆ 
同じ番組を楽しんだ方を発見するのはうれしいです♪

亀田さんの番組は知りませんでした、教えて下さってありがとうございます!
Eテレだったのか、気が付かなかったです。
動画見てきました! 亀田さんは予想より気さくなおっちゃんでした♪
http://www.dailymotion.com/video/xx3lru_yyyyyyyy-yyy-yyy_creation

暗譜が超絶に苦手で、理論が分かったらもっと覚えられるかなと思って、
興味を持っていろいろ見ていますが、一人で理解するのは難しいです。
数学も分からないので、もっと分かりたいです。
学生の時にこういう気持ちになっていれば今やらずにすんだのになあ。

bunicoさんのおかげで、音階についてだいぶ分かったつもりでいましたが、
毎日ハノンで2音階ずつ練習していると、どういう規則があるのか、
また分からなくなってきました(笑)。
三歩進んで二歩下がるような進みっぷりですが、これからも理解していきます!

bunicoさんの記事も、楽しみに拝見させて頂きますね☆

またのご上陸を、お待ちしております☆

こんばんは〜!この番組見ましたよ!
普段何気なく…というか「良いよなぁ」と思ってるツボが実はこんなからくりだった、なんて聞くとまたその曲を聴くのが楽しくなりますよね!

以前、東京事変のベーシスト亀田誠治さんの司会する『亀田音楽専門学校』も面白かったのですが、見た事はありましたか?
泣ける曲のからくりを数学ではなく音楽理論から解説してくれました。
また見たいのですが…Youtubeで探せばあるかなぁ(NHKは消えるの早いですけどね)?

数学と音楽の絡みはウチの主人がこの話に詳しい人です。
私は(以前も話しましたが)数学はさっぱりです(笑)
が、こういう話を見聞きする度、もっと勉強しとくべきだったと思います(^ω^;)

同じく、拍子感について1記事書くので、お時間有る時に見に来て下さい♪
この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper