FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 和太鼓 

トラッドジャパン
日本の伝統的な打楽器。祭や神事に欠かせない。

稲作が生活の中心だった日本では、古くから儀式が重要だった。

田楽 平安時代、儀式から民俗芸能に発展。太鼓を中心に演じる。

田遊び 太鼓を作物を生む田んぼに見立て
、鍬で土を起こす様子を演じる。
子供を苗に見立て、太鼓の上で胴上げをする。

日本では太鼓は豊穣の象徴であり、太鼓の音を通して神と交流した。

戦後、多彩な演奏方法が開発され、純粋な楽器として楽しまれるようにもなった。
一方で、お祭りや儀式にも使われ続けており、日本の精神は変わらず生き続けている。


伝統的な太鼓の作り方 大変な時間と手間がかかる。
音が響くので、木目が詰まった堅いケヤキが好まれてきた。
大木には霊が宿るとされているため、
太鼓になる木を切る前にお酒をかけて清める
酒は神様へのお供え物。太鼓の中に宿ってもらうため。

切った厚木を1、2年乾燥
外側を丸くし、内側を抜き取る。
中彫り
 胴の内側に模様を彫り込む。音の深さや余韻が変わる。
荒胴が完成。3~5年乾燥。かんなで表面を仕上げる。

なめした牛の皮を一旦固定し、一週間置く
外してさらに3年乾かす

皮張り 縁(えん)に棒を通して、棒で縄をねじり、
均等な力がかかるように皮を伸ばしながら、音を確認する作業を繰り返す。
職人は指に伝わる振動から完成後の音が判断できる。最後に鋲を打つ。
縁を残すと皮が緩んだ時に直せる。

太鼓判を押す 焼印
はやり直しができないので緊張する作業。
胴は曲線なので難しい。最近は金属板を付けることが多い。


日本と西洋の太鼓
日本では、神社や寺院での祭りや、宗教行事と関わりが深く、
邪悪なものをお祓いしたり、神様を呼び起こしたりする意味
があった。

西洋では、太鼓は歴史的に軍事と関係があった。
教会では、鐘を冠婚葬祭に使ったお祓いの意味はない。

和太鼓には多くの種類があり、伝統的な舞台では伴奏だけではなく、
効果音としても使われる。歌舞伎では、音で心理状態や自然現象も表す。

ロックやジャズの西洋のドラムは、一人が手足を使い即興で演奏
する。
和太鼓は複数の演奏者が大きさの異なる太鼓を、あらかじめ決めた拍子で叩く。
足は使わない(笑)。


purify 清める。神道を説明する時には欠かせない単語。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper