FC2ブログ
≪ 2020 01                                                2020 03 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

 #後 胡椒が世界を変えた 

大航海時代の命がけの航海
15世紀、オスマン帝国がイスタンブールを占領。
イスラムの首都
になり、巨大なモスクがいくつも立つ。
スパイスロードも制圧されたので、欧州はアフリカを周る航路を開拓する。
1497年 バスコ・ダ・ガマ率いる4艘の船が、南インドを目指して出航。
欧州とアジアが直接結ばれるようになり、
胡椒で得た富は、壮麗な建築を生み出した。

リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔 1983年登録
胡椒貿易の利益
によって建てられた修道院。内装は胡椒のレリーフなどで飾られ、
胡椒をインドから持ち帰ったバスコ・ダ・ガマは、この聖堂で眠っている。

ゴアの教会群と修道院群 インド 1986年登録
16世紀、ポルトガルは胡椒貿易と、アジアへのキリスト教布教の拠点の街を作った。
多くの宣教師たちは密林を切り開き、聖堂や修道院を建てた。
日本にきた宣教師、ザビエルが眠る教会は世界遺産の一つ。

キュー王立植物園 英国 2003登録 
約4万種の植物が栽培されている植物園。
欧州では、東洋の珍しい植物に関心が高まった。
18世紀からプラントハンターを世界中に派遣
し、植物を集めさせた。
世界各地から植物を集めることが可能になったのは、
胡椒貿易による航路開拓の恩恵。園内には胡椒の木がある。
薬や繊維の原料などの役に立つ種を探す為
無数の種が瓶に集められ、あらゆる種の保存を試みている。
DNAを抽出して、冷凍して後世に残す。胡椒もここで、未来への眠りについている。


かつては未知の植物だった胡椒。
今は東南アジアや南米など、栽培地は広がっている。
遠い空想の国、憧れ、胡椒を求める心が世界を一つに繋いでいった。
始まりは、小さな一粒だった。


おまけ ローマ帝国
313年に、ローマ帝国のコンスタンティヌス1世が、
ローマからコンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)へ遷都した。
だからイスタンブールはローマ帝国の首都でもある。

感想 最後の4行は、西洋視点だなあ。
関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper