FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #4 たけしの新・世界七不思議7 前哨戦 

敗者復活候補2
モアイ #前 たけしの超新説研究所より移動

モアイは歩いて移動したという伝説を検証
切り出し場から近くて8km、海沿いの祭壇まで20kmある。
衛星写真などの詳細な地表の調査で平らにしたモアイの道を発見。
3D資料などの科学の粋を集め、モアイ像を重心も完全に再現し、歩けるか実験
現地にはネケネケ(足は無いけど歩く)という歩き方がある。
高さ3m、重さ5トンのモアイの目に3方からひもをかけて歩かせる。
左右からモアイを揺らし、後ろは傾きを調整する。声を掛け合いながら引っ張り合う。
50mを1時間で歩いた! 方向転換もできる。坂も上ることもできる。

猪熊兼勝 飛鳥時代の石造物を研究

古墳時代の石棺の石は九州の阿蘇から、大阪城の石は四国から船で運ばれている。
イースター島でも海を利用して船で運んだのではないか
2艘の船からモアイを吊り下げて運んだのではないか。今後の調査に期待。

荒俣「伝説をもっと信じて、『モアイが一人で歩いた』ということに絞り込むべき」
荒俣「底が丸くて、4頭身か3頭身で、顎が長く、唇や目の造形は、
   縄を引っかけるためにある。突き出た腹は前傾するため。
   モアイ像の形と、一人で歩く分析が進みつつある」
たけ「島の木が無くなったのは作りすぎたからという説は?」
荒俣「長い時代で作った。熱中し過ぎておかしくなった。初期と晩期で形が違う」


感想 猪熊さんの説の感想は無かった。有り得そうだけどなあ。
関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper