FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 アンの村の日々 感想 

アンの村の日々 (New Montgomery Books 1)アンの村の日々 (New Montgomery Books 1)
(1983/11)
ルーシー・モード・モンゴメリ

商品詳細を見る

ニュー・モンゴメリ・ブックスの第一冊目なので、
「赤毛のアン」より先に読んだが、主人公はアンではない。
アンとギルバード夫妻は、話の中の噂話などでちらちらと出てくる。

1つ20ページ位とは思えないほど読み応えのある短編集で、話ごとに主人公が違う。
ほとんどが結婚に纏わる話。これはこれで面白かった。割と自由恋愛だなあと思った。
しかし、この時は「赤毛のアン」を未読だったので、誰が誰だか分からなくて困った。
分かっていたらもっと面白かったのかもしれない。
でも、「赤毛のアン」を読んだ今でもあまり分かっていない(笑)。
本当に、なんでこの順番なのだろうか。読む順がよく分かりません!

1、想い出の道 すごいどんでん返し!

2、仕返し   執念深いと思ったが、切ない最後。

3、妄想家   周囲が勧める結婚に乗り気でない2人目の人が主人公。
        幽霊が出るような不思議な話。アラダイスはアンが嫌い。

4、無駄足   結婚したくない男。男の子、大切な約束は忘れないように。
ここで“おくれのリンカン・バーンズ”を持ち出すか。最後はじんわり。
リンカンはアンを崇拝している。

5、ほら、花嫁がやって来た! 約40ページ
結婚式中の人々の内面や会話が怖い。娯楽が無いとこういうことになってしまうのか。
でも、真実の一つでもあるんだろうな。
いろんな人の視点で描いているので、
例えばアンのことを良く思っている人もいれば逆の人もいるし、
アンのことを良く思っていない人も良い感情に変わることもある。
あまり人の視線は気にしなくていいのだなと感じた。
幼馴染の結婚。神父の考えが面白い。経験から何となく二人の行く末が分かる。
メアリとスーザンは親友。
メアリの話は長い。スーザンはすぐ自分の話に持って行ってしまう。
「うん、でもあんたは私の話を聞きたがっていたのではなかったのかい?」

アンの評判は良いものが多いけれど、皆素直に認めようとはしないんだなあ。
「若々しく口が堅いが、噂を聞き出すのも好き」らしい。

6、鍋とやかん またどんでん返しの話。お互いに嘘つき。
クラックおばさんがちょっとかわいそうだけど、自業自得な面もあるなあ。

7、ペネロピさんの育児 子供を育てるのは大変。理論崩壊(笑)。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

あはは、そうだったんですか、お気になさらないでください☆
さっそく見に行きました。アニメの主題歌についてでしたね。
初めて聞けたので、記事にして下さってありがとうございました!
またのご上陸を、お待ちしております♪
先日のたなくじ、すみませんでした(^o^;)
ツイッターやらメールやらアチコチに触れ回りどこで何を言ったのか分からなくなりました(浮かれ過ぎ。苦笑)。

アニメ版の赤毛のアンの事で記事1つ書きました。
トラックバックしようとしたけど出来なかったので…
この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper