FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #4終 新日本風土記 出雲 

神有月
旧暦の10月10日
(現代の11月)、
稲佐の浜で、海蛇に導かれ、海を渡ってきた、全国の神様をお迎えする
神籬(ひもろぎ)と呼ばれる榊の枝に宿った神様を神社までお連れする

十九社 お迎えした神様の宿。
これから一週間かけて、大国主命と共に縁結びの会議を開く
男女の縁だけではなく、仕事、農作物と天候など、あらゆる縁を結ぶ会議

お忌みさん この期間、出雲に暮らす人たちは厳かな気持ちで静けさを保つ
神々の縁結びの話し合いの邪魔にならないように、掃除の音を控え、ピアノは弾かない。
神様をお祀りしている部屋はテレビの電源を切っておく。

神在餅 神様のためのぜんざい。ぜんざいの語源? ←善哉だと思っていた。
雲陽誌 江戸時代の松江藩の風俗を細かく記している。その頃には既にあった。
搗き立ての餅に焦げ目をつけて鍋に入れ、砂糖を少し入れ、小豆と煮込む。
神有月の会議を終える頃、八百万の神のいる社の方向に供える。

神々の旅立ち 神有月の一週間が終わる。
感謝の祝詞で神々を労う。
社の扉を三度叩くと、出立の合図。神々は国元へ帰っていく。

人々がひっそりと過ごすお忌みさんも終わり。また、いつもの日々が戻ってくる。
神々と共に重ねてきた、千年以上の年月。


「昔、神と人々がもっと親しく寄り添っていた頃。その遠い思い出を呼び起こす出雲です」


感想
せんざいやお雑煮は一旦焼いたお餅を入れるとおいしいですよね♪
それはさておき(笑)、テレビの演出は文字にすると分かりにくいことが多いです。
今回はかなり順番を入れ替えました。分かりやすくなっているとうれしいです。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

まどろみ島へようこそ!
「今月は神様がお出かけしてるんだよねー」という会話はしたことがありますが、
お迎えする側の出雲の皆様の様子はあまり気にしたことがありませんでした。
北海道にも1000以上の神社があって、縁結びの相談に参加していますよ☆

またのご上陸を、お待ちしております♪
こういう生活って現代になれば薄れて来ると思いますが、
悪く無いな〜なんて思いますね。
特に北海道なんて歴史の無い地域に居ると「へえええ〜」となります!
この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper