FC2ブログ
≪ 2020 06                                                2020 08 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 かるた 

トラッドジャパン
絵や文字が書かれた札遊び。古くから身近な遊びとして親しまれてきた。

小倉百人一首
歴史上の優れた歌人100人の和歌が一首ずつ集められたかるた
読み札と取り札がある。取り札には和歌の後半だけが書かれている。
読み手が読み札を読み上げるのを聞いて取り札を取り合う遊び

花札
札には12か月の折々の花が描かれている。
札の点数は描かれておらず、絵柄の組み合わせから読み解く
江戸時代には賭け事に用いられ、幕府によって度々禁止された。
そこで職人たちは禁止令を逃れるために絵柄を微妙に変えていった
その結果、この優美な絵柄が生まれた。

かるたの起源は平安時代。
当時、貴族たちの間で「貝覆い」という遊びが流行。
二枚貝の蛤をばらばらに伏せて並べ、対になる貝殻を探し出す
16世紀に、南蛮貿易でポルトガル人がcarta、つまり「かるた」を伝えた。
江戸時代に、異国のカードと貝覆いが融合し、日本独自のかるたが誕生した。
明治時代に、百人一首を使う競技かるたが生まれた。
札を取り合うその姿は目にもとまらぬ速さ

かるたには日本人の遊びへの情熱と知恵が詰まっている。


日本では西洋の生活習慣が言葉と共に取り入れられていった。
carta
 ポルトガル語。
karte ドイツ語。西洋医学用語のほとんどがドイツ語から持ち込まれた。
card  英語。明治時代の後半に季節の挨拶などに使う紙として用いられる。

各国の言葉は一つの単語で葉書・トランプ・レストランのメニューなどの意味を持つ。
日本ではその単語が受容された状況や目的によりそれぞれ違う意味の言葉になった。


「なぜ正月にやるのですか」
「かるたは大勢で遊ぶことができます。親戚皆が参加できる理想的な遊びなのです。」
「(米国では)私達もクリスマスにジェスチャー・ゲームをしました」

「教育的な要素もあるのですよね?」
「百人一首は昔の詩歌を学ぶのに最適です。子供は意味まで理解できないですけどね」
「アメリカでマザーグースと呼ばれる子供たちが歌う童謡に似ていますね。
 楽しげな歌が多いのですが、実は厳しい現実と結びついています」

郷土かるたもあるのですよね」
土地の歴史・文化・名所などに焦点を当てています」←群馬県の上毛かるたなど。

競技かるたにはどちらが先に札に触れたかを判断する審判はいるのですか?」
「会場には1人ないし数名の審判がいますが各組に一人ずつはいません
 ~規定に『互いを尊重し礼儀正しく』とあるので大きな問題は起きないと思います」
「いわゆる『紳士的な競技』なのですね」


感想 
かるたができるまで平安時代から江戸時代までかかったのは、
生きるだけで精一杯な時代が続いたからかな。
記録に残っていないだけでそれまでも遊んでいたのならいいなと思った。

江戸時代の花札は本気で遊んでいますね(笑)。まさに情熱。
いろんな遊び方ができる凝った絵がすごいなあ。遊び方は2つしか知りませんでした。
いろいろ禁止するお上とあの手この手でかわそうとする庶民のやり取りが面白いな。

カタカナ外来語はいろんな国の言葉が同じ土俵に上がっているのが不思議な気がします。
英語だと思いきやフランス語だったりすることがありますね。


おまけ☆
bunico様に、北海道には「下の句かるた」という競技があると教えて頂きました。
動画もあげてくださって、ありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

まどろみ島へようこそ♪
知らなかったです! 
北海道の百人一首についてちょっと調べてきました。
http://www.nintendo.co.jp/n09/hyaku/kifuda/index.html
「下の句読みの下の句取り」だと、歌は覚えなくていいのですね。
でも、木札の字を覚えないと取れなそうです。
飛んできて当たったら痛そうですね。
『ちはやふる』は最初の方しか読んでいないので、続きを読もうと思います。

秋のバッカス祭☆
ひょっとして、bunicoさんは年中バッカス祭なのではないですか~(笑)?
お酒の記事ががちらほらありますから♪

面白い事を教えて下さってありがとうございました!
またのご上陸をお待ちしております♪

上陸です〜

北海道の百人一首は下の句だけ…は、ご存知でしたか?
読んだ事は無いけど『ちはやふる』では紹介されてたとかしないとか(どっちだw)。

で、取り札は木の板なんですよね。

大人同士のかるただと(酒が入った後にやる事が多いからか?)、
エキサイトするととった板が飛んで来て、子供心に「野蛮だなぁ」と敬遠していたの思い出が(笑)

動画見つけたので後でUpしておきますね♪
ちなみに秋のバッカス祭(なんのこっちゃ)もUpしてますので〜
この記事へコメントする















06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper