FC2ブログ
≪ 2019 09                                                2019 11 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 百人一首の文化史 

百人一首の文化史 (えっせんてぃあ選書)百人一首の文化史 (えっせんてぃあ選書)
(1998/12)
有吉 保、橘 りつ 他

商品詳細を見る


百人一首と植物
もみち 万葉集では137首
あり、山の黄葉が多い。
2首だけ川のもみちを詠んでいるが、これらもあくまで山の紅葉が主体。
神代は萩など黄色く色づくものが注目され、「もみち」と清音で読む。
中古以降は「もみぢ」と言い、「紅葉」と書き、赤い葉が称揚された。
漢詩の影響がある。六朝~初唐は「黄の葉」、盛唐以後は「紅葉」
徹底討論「そもそもサミット」もみじと楓についてがあります。

万葉人は盛りの花を愛でて惜しんだ。
百人一首の世界は満開の桜・散りゆく桜・散った後のもみぢなど美の対象が広がった

万葉の時代は生命力を取り込むという呪的行為(おまじない)があった。
植物の生命を取り込む 花をかざす、蔓にする、など。
人間の生殖の力を植物に与え、豊作を願う。 
かがい
 春と秋のお祭りの日は神の許した日として誰と交わっても良い。
↑今はだめだけどね。

競技かるた 
知と遊び 江戸では教養と娯楽・雅と俗が融合した遊びだった。
集中力。心技体(取る速さだけではない)。男女区別なく、互角に戦える。
相手が何を考えて、どんな作戦で来るかを心や体で読み取る。

暗記を繰り返す。むすめふさほせ。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper