FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 日本の色 

トラッドジャパン
移りゆく自然の色に囲まれてきたため、日本人は色彩の鑑賞力を発達させてきた。
伝統的な着物には主に淡い中間色が使われている。

布を染めるために最も使われたのが植物。

黄色い紅花の花には赤い色素が含まれ、鮮やかな赤を作る。
刈安はイネ科の植物で、葉や茎からとれる黄色は女性の着物によく使われる。
ムラサキの根からは紫色の色素がとれるが少ししか取れない。
40回以上繰り返し染めることでようやく鮮やかな紫色を作り出すことができる。
紫色は染めるのに大変な労力を要するため、高貴な人しか着用が許されなかった。


服装の色は、日本人にとって昔からとても大きな関心事だった。

平安時代の宮廷の女性たちは季節ごとに重ね着の組み合わせを変えた。

初夏は杜若(かきつばた)を題材にした色を組み合わせ、
秋には紅葉を表す赤と黄色の組み合わせを楽しんだ。
こうした色の組み合わせは200種類にものぼった

江戸時代、幕府は町人の贅沢を禁止する法令を度々出した。
庶民の服は地味な色に厳しく制限された。
そこで庶民は「四十八茶百鼠」という、たくさんの茶色と鼠色を生み出した。

桃色に近い茶色や、上品で落ち着いた青や緑もあり、
茶や鼠と呼ぶことで幕府の監視を見事に逃れ、江戸の庶民はおしゃれを楽しんだ。

長い歴史の中で生まれた多彩な色からは、
日本人の繊細な色彩感策を知ることができる。


庶民 全ての人々、生活者の実感を持った人。

日本は欧州とは異なり共同体の感覚が強い社会で、他の人と同じだという感覚が重要。
社会の質が違うので、庶民を英語で表現することは難しい。

ordinar people
 米国映画の題名。
「人並みで正常な人々」は、「異常なもの」の対義語なので庶民とは少し意味が違う

common people 英国の「特別の身分でない人」という単語。
nobility「特権階級」の対義語で、階級社会と関わりが深い表現。


「どの文化でも紫が高貴な身分を表したのが面白いですね」
「ローマ人はpurpuraという貝から染料を採り出したため、purpleになったのです」

↑中国も高貴な身分の色でしたね。鉱物から採っていました。#後 たけしの超新説研究所
  各文化の工夫でどうにか紫を取り出しているのがすごいな。

歌舞伎役者から役者に因んだ色の名前が数多く生まれた。

「日本では服装の色や生地が年齢と共に変わることも面白いですね」
「年相応の服装という考え方は、着物の世界から生まれました。
 女性が年齢を重ねる度に新しい着物を買う口実でもありました」

「西洋ではお年寄りも明るい色を身に着けますし誰も変だと思いません」

お堂や仏像などは元は鮮やかな色だったのだが、
日本人は次第に風化した素朴な見た目を好むようになった。
わびさびの概念と関係がある。

さびとは時間経過によって生まれる美しい風貌。 ←利休凄いな。

おまけ
知られざる大英博物館2 
白いと思われていたギリシャ彫刻も本当は色鮮やかだったという話。


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper