FC2ブログ
≪ 2019 10                                                2019 12 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

 アステカ帝国 

世界ふしぎ発見! メキシコを掘り起こせ! 今、蘇るアステカ帝国
アステカ 14~16世紀 人口30万の巨大都市。
神殿ピラミッド・天文知識・軍隊・死や生贄の文化に支えられた。

テノチティトラン アステカの都。湖に浮かぶ水上神殿都市。
運河が張り巡らされていた。

テオティワカン(人が神になる場所)紀元前3~6世紀 
2300年前のメキシコ高原で栄えた。
14世紀にアステカ人が発見し聖地にした。
アステカ人は自分たちをテオティワカン人の子孫だと信じていた。

太陽のピラミッド
 神が太陽を産んだ場所。
1000年後のアステカ人は定期的にピラミッドに上り、太陽に祈りを捧げた。

ケツァルコアトルの神殿 天・地上・地下世界を表す。
地下世界は死の世界ではなく、命が生み出されたり再生する場所。
ケツァルコアトル神
 羽毛の生えた蛇。
トラロック神 雨と豊穣の神。

地下通路 2003年に発見。世界初公開!
西の大きな入口から東のケツァルコアトル神殿まで120mを結ぶ。

土を調べると250~300年頃に埋められたことが分かった。
動物の骨で覆った。
10箇所以上もの石の壁で塞ぎ、壁毎に壺などの奉納品が置かれていた。
現在は50m付近まで到達し、捜査が続いている
この奥には非常に大切にされた人物が眠っている可能性がある。

1521年 スペインがアステカを征服。
キリスト教の布教と金の獲得
が目的。
アステカの大神殿を破壊し、それを土台にメトロポリタン大聖堂を建てた。
そのすぐ横のテンプロ・マヨール遺跡で、
34年前からアステカの大神殿の発掘が行われている。

神殿は7層に重なっていた
アステカでは権力者が変わる度に神殿の上に新たな神殿が建てられ、
最終的には45mを越える大神殿になった。

神殿のあちこちに蛇の彫刻 アステカの守り神。
台座には戦士の絵

神殿の頂上 
チャック・モールの銅像
 生贄の心臓を置き、太陽神に捧げた。
アステカカレンダー 太陽神を大切にしていた。

トラルテクトリの石彫 2006年出土。
縦4m、横3.5m、12tの巨大なもの。

アステカ文明の人々が崇めた大地と豊穣の女神
命を与えると同時に死を与える。太陽を産み太陽を食べる神。

石彫の足元の数字 うさぎと12個の点
で表されている。
二つの解釈
1、1478
 (日食が記録された年)。
2、1502 (最も偉大なアウィツォトル王が死んだ年)。
彼の遺体は火葬され、
トラルテクトリの石彫が発見された、大神殿の正面に埋葬されたという。

石彫の真下に謎の竪穴
第1層
 一番地面に近い所。美しい装飾品。
第2層 62種類の海の生物。
領土拡大に伴い太平洋や大西洋の町から贈られた
    水は地下世界の象徴でもある。
竪穴は地下世界の入り口を表していた。
これらは王に相当する人物しか持てないだろう。王の遺骨が発見されるかもしれない。
(アステカには少なくとも11人の王がいたが、墓は一つも見つかっていない)。

石彫の穴の開いた部分 そこには胎児がいたと思われるが見つかっていない。
亡くなった王がいたと考えられる。
権力者が残したものを消す習慣があり、
新しい王が過去の王の姿を破壊し捨てたのかもしれない。

水郷地帯ソチミルコ  生きたアステカの遺跡と呼ばれている。

▼続きを読む▼

web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

bunicoさん、まどろみ島へようこそ♪
古文書には第4の太陽の時代までの記録や期間も残っているので、
現在の第5の太陽の時代だけ終わらないのは逆に変かもしれないと思っています。

自暴自棄になったり他人に迷惑をかけるのは論外ですが、
大丈夫なんだ、と考えることを放棄するのも良くないと思います。人間なんだから。
と言いつつ、遅きに失している感がものすごくあります。
もっと早く全員が真剣に考え、世界をより良く変える努力をすべきだった、と。

太陽活動の異変の兆候、現在の世界の在り方の問題などが現れてきていますからね。
どうしようもないことも、人間が変えることができることもあるけれど、
あと5か月、地球の全生命にとってよい方向に進みたいですね。

動画ありがとうございます! 実はすごく気になっていたのでうれしいです!
拝聴させて頂きますね~♪
ケツァルコアトル…今だに、上手く言えません(ケアトル?ん?みたいな。笑)。

この予言も最近よく特集されますが「実は大丈夫」的な部分をクローズアップしてる番組が多い様な気がします(私が見たのがそういうのばっかりなのか?)。

悲観的に捉えずに…も大切ですが、ちゃんと自分たちを戒めて先に進む為に考えたいですねぇ。

あ、動画の方に天の岩屋戸の物語、ギルガメッシュ叙事詩の事Upしました。
どちらもマニアックな曲調かもしれませんが…話を読みながら?見ると面白いかも、です(笑)
この記事へコメントする















10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper