FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #7終 日本語の変化 

話し言葉の標準化
112年前のフランスでの日本語の音声を聞くと、
明治時代の話し言葉は今の日本人とほとんど変わらない。
しかし地方ではまだ標準語を話す人と会う機会が少なかったため、
標準化は書き言葉より遅れていた


1925年 ラジオ放送 話し言葉の標準語の定着に貢献。
しかし、昭和初期頃までは難解な漢文訓読調で親しみにくかった。
↑今の時代から見た感覚ではないのかな。当時からそうだったのかな。

1935年(昭和10年) 学校放送の開始。「教師の時間」という番組もあった。
1936年にベルリンオリンピックで「前畑がんばれ」と連呼した実況中継。
現在と変わらない標準語の放送が日本中に流れるようになった


1945年 降伏文書調印。
1946年 日本国憲法 口語体で漢字とひらがな
になった。
憲法を日本人の誰もが理解し、平和な国を築きたいという願いから。
法律文も全てひらがなになった。
小学校の教科書もひらがな優先になり、日常に使う文字はひらがなが主になった


漢字がやって来て     2000年
万葉仮名を使い始めて  1600年
ひらがなを発明して    1100年
明治時代から        150年
日本人は日本全国で通じる日本語を手に入れた。


感想
今の日本語は今の時代の大勢の人が共有できる大切なものだけど、
失ったものも大きいと感じた。

本は、時代や場所を越えて知識や思いを共有できるもの。
私達は、ご先祖様の知恵や思いを直接共有できなくなっている。

少し昔の文章すら読めなくなっているのは、習っていないからというのもあるんだな。
でも、習っていないから仕方がないとばかりとは言っていられないと思った。


感想2

▼続きを読む▼

web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















 この記事へのトラックバック 

話し言葉の標準化112年前のフランスでの日本語の音声を聞くと、明治時代の話し言葉は今の日本人とほとんど変わらない。しかし地方ではまだ標準語を話す人と会う機会が少なかったため、標準化は書き言葉より遅れていた。1925年 ラジオ放送 話し言葉の標準語の定着... ...
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper