FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #4 源氏物語 

体面に縛られる男たち
女性だけでなく、あらゆる性格の男性も描かれている。両方が書けた作者は奇跡に近い。
紫式部は、身勝手な欲望に走り、自分を失っていく男の弱さ、情けなさを描く

若葉の帖 質・量ともに充実。評判もよく自信にあふれた頃の作品。
40歳になろうとする光源氏の話。当時は40歳を越えると老人という認識。

才能のある作家は、今まで作り上げた世界を壊して新しい話を創造する

光源氏と女三の宮と紫の上
紫の上の弱点は結婚式を挙げていないこと
紫の上の魅力を引き出す存在として女三の宮を登場させた
浮世の義理と若く身分の高い女性を手に入れたいという欲望により、
権力を極めた光源氏は魅力を無くしていく

光源氏の息子世代の男たち
夕霧
 真面目 融通が利かない 政治的に有能
柏木 美男子 蹴鞠や笛が得意 女三の宮と関係を持つ
2人とも女性に対して一方的で自分勝手

女三の宮は、柏木の子を宿す。光源氏が昔したことと同じことをされた。
光源氏が柏木をいびる様は、かつての光り輝く君ではない。
紫の上の心も光源氏から離れ、お互いに必要としながらも少しすれ違うようになる。

光源氏の人生
幸せな状態で生まれ、どんどん下降し、
母桐壺の死→臣籍降下→葵の上の死→父帝の死→須磨に下る→死の危険でになる。

後半は、冷泉帝が本当は光源氏の子だと知ってから光源氏を取り立てるようになり
都帰還→実子の冷泉帝即位→太政大臣→娘の明石の姫入内→39歳で准太政天皇
(天皇の父と同じくらいの地位)になって終わる。

感想
客観的にはこの世の栄華を極めたような終わり方だが、足ることを知らなかったために、
光源氏本人は幸せではなさそうだ。紫式部はすごい物語を書いたなあ。
関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















 この記事へのトラックバック 

体面に縛られる男たち女性だけでなく、あらゆる性格の男性も描かれている。両方が書けた作者は奇跡に近い。紫式部は、身勝手な欲望に走り、自分を失っていく男の弱さ、情けなさを描く。若葉の帖 質・量ともに充実。評判もよく自信にあふれた頃の作品。40歳になろうとす... ...
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper