FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 手ぬぐい 

どきどきこどもふどき
木綿製。縦一尺(約30cm)、横3尺。

和名類聚抄(約1100年前の国語辞典)に「太乃古比」と載っている。
たのこひ→たなこひ→たなくひ→てぬぐいと変化。

布はお金より貴重なものと見なされる時代もあり、
長い間、身分の高い人しか手にすることができなかった。

400年前 日本で綿花の栽培ができるようになり、皆が使えるようになった。
200年前 江戸で手ぬぐいのお洒落が流行。
自分で手ぬぐいの模様を作ることも流行した。
手ぬぐいの、趣向を凝らした図案を競う大会の記録がある。

日本人は、一枚の手拭いをとことん使いきった
頭に被る・肩に掛けるなど寒さや暑さ避け
物を覆う・ほこり避け
手や体を拭く
炊き上がったごはんに掛けて余分な水分を吸い取る
料理の材料の水分を絞る
食器を埃から守る
風呂で体を洗う
古くなった手ぬぐいはおむつに使い、雑巾にする
細かく裂いてはたきにする

毎日使うものだから、手ぬぐいを作る人も腕を磨いた
素敵な絵柄、染料の工夫など。


おまけ
手ぬぐい歴が長いbunico様に、手ぬぐいの使い方を教えて頂いたので、
それを纏めさせて頂きました♪↓

見た目はぺたんこでもちゃんと水分を吸う
タオルはタオルとしてしか使えないけれど使い道が多い
お手入れが簡単。乾きやすい。
値段は高く感じるけれど良い晒は使い心地が良い
石鹸をつけるととても滑らかになって肌にもやさしい。
豊富で素敵な図案。芸術的な実用品。

図案に隠された謎を解く楽しみもある。

かまわぬ 手ぬぐいのお店。全国で扱ってくれている。もっと増えればいいなあ。
晒とは何か・手ぬぐいの作り方・使い方・魅力などなど、分かりやすくて親切。

今は頂きもののタオルがあるけれど、次に買う時は手ぬぐいにします。
旅行の時などに買ったら日常で使いながら楽しめますね♪
贈り物をする機会には手ぬぐいの使い方や良さを伝えながら贈ってみようかな。

おまけ2
更にbunico様にコメント返しで教えて頂いた事が、
コメント返しのままにしておくにはもったいないほどためになったので、
纏めさせていただきました。↓

▼続きを読む▼

web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

まどろみ島へようこそ! お早いお着き、うれしいです♪

日本人は庶民も美意識を持っていて、機知に富んだ生活をしていたんですね~。
分かると楽しい、分かりたくなる、毎日の暮らしが楽しくなる工夫ですね。

日々の生活を大切にしているかと、ご先祖様に問いかけられている気がします。
毎日こんな発見があったと、楽しみながら生きていきたいものです。

2012年1月20日に、
「江戸宇宙」という本の纏めと感想の記事もありますので、よかったらどうぞ☆ 

またのご上陸を、お待ちしております☆
早速上陸です(笑)!
たなこひ、ですか〜それは知りませんでした。

手ぬぐいって、実用品なんですよね。
でも用途が決まってる訳じゃない。
ここがハンカチ、スカーフと違う所だと思います。

そして実用品だけど、芸術品なんですよ。

ただ可愛らしい、美しい模様を乗せてる訳じゃなく、
ウィットのあるデザイン、判じ絵などハンカチにはない…いわばメッセージがあります。

そこが惹かれる所ですね…
この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper