FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 エリック・クラプトン 

SONGSの独占取材あり。
1945年誕生。幼いころ両親と離別し、8、9歳まで祖父母が両親だと思って育つ。
恥ずかしがり屋で一人が好きな少年だった。
「でも音楽を聞いたらこれをやりたいと思った。音楽は僕に希望を与えてくれた。」

13歳の誕生日、祖父母にギターを貰った。
友人に勧められたロバート・ジョンソン(アメリカのブルース歌手)がお手本になった。
ギター一本で表現できるブルースの魅力にのめり込む。
「どの曲も個性的で、他の人たちのとは全く違っていた。
 ギターを弾きながら歌う能力、何もかもが驚異的だった」(纏めました)

16歳でロンドンの美術学校に進学したが退学し、
アルバイトをしながらアマチュアバンドでギターの腕を磨く。

18歳で「ザ・バードヤード」に参加しメジャーデビューしたが、
ポップス路線に移行し、脱退。

20歳で「ブルースブレイカーズ」に参加。先輩のジョン・メイオールが率いていた。

ブルースギタリストとして名声を確立したが、
新しいロックを作り出したいと考えるようになった。


1966年 「クリーム」結成
ブルースと即興演奏が好きな3人だから何よりも自由だった。
 自然にいろんな音楽が生まれた。」

1968年 ビートルズのジョージ・ハリスンに誘われ、ソロ演奏を担当
「white album」内の「While my guiter gently weeps」(ビートルズのアルバム)。
歴史に残るギターソロらしい。「自分の腕に絶対の自信を持っていた」と言い切った!
「1、2回目の収録でOKが出た。僕にとっては簡単なことだった」(纏めました)

ジョージ・ハリスンとは親友になったが、彼の妻を好きになってしまう。
1970年 「LAYLA」(いとしのレイラ)
古いアラビアの恋物語に登場する絶世の美女に、彼女を重ねて作ったらしい。
彼女はジョージ・ハリスンと離婚した後、クラプトンと結婚した。
しかし友情は変わらなかった。    ←本当かなー。

1968年にクリームを解散後、短期間でバンドを組んでは解散
ソロ活動を始めるが、孤独から逃れるために麻薬中毒になる。
1971年~74年は引退同然の生活になる。

1974年 麻薬から立ち直り、アルバムを発表。
461 ocean boulevard」内の「I shot the sheriff」
ボブ・マーリーの隠れた名曲。この曲によりボブ・マーリーやレゲエが広まった。

栄光をつかんだが寂しさは消えず、アルコール依存症に。←え、妻がいるのに?
その後、妻と離婚。                 ←あ…そうですか…。

1986年 イタリア人女性との間に息子が生まれる。
息子を愛することが最高の救いになると気付き、自ら更生施設に入り克服した。
4年後、息子がマンションから転落死してしまう。
自分を責め続ける日々の中で、天国へ旅立った息子に捧げる歌を作った。
1992年 「Tears in heaven」 グラミー賞を獲得し、完全復活。
1996年 「change the world」 グラミー賞を獲得。

波乱万丈の人生を支えてくれたのは音楽。
音楽に感謝を込めて、これからも歌い続けていく。


感想
英国の人だったのかとか、結構昔の人なんだなとか。あまり知らなかった。
でも名前や曲はテレビなどで何となく聴いていたようで、
「LAYLA」も「Tears in heaven」も「change the world」も聞いたことがあると思った。

日本語の歌詞を見ながら聴けるのが良いなあ。
「Tears in heaven」はこんな歌詞だったのか。泣いた。
昔、偶然聞いたときにいい曲だと思ったけどそのまま忘れていた。
歌手は悲しい歌を歌う時、泣かないのがすごいなあ。
悲しい歌は英語の歌詞の方が分からないから泣かずに済んでいいや。
3曲とも好きな旋律だからまた聴きたいな。
関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper