FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #1 苦労の数だけ、人生は実る 

#145 プロフェッショナル仕事の流儀
石井稔 69歳 日本最高峰の米作りの匠
宮城県 登米市
2町8反(東京ドーム半分位)の全ての田んぼが農薬や化学肥料を使わない有機栽培

借金地獄との闘い
昭和16年 宮城県の農家に生まれる。田んぼは小さく貧しかった。
高校に行くお金は無く、中学を卒業してすぐに農業を継いだ。
20歳で同級生と結婚。二人で歯を食いしばって働く。

狭い土地で収量を上げるため、化学肥料を大量につぎ込んだ。
稲が弱って病気や害虫が頻発。農薬を次から次へと散布。
20代半ばから、農薬を撒く度に体調が悪くなることを自覚する。

有機農法を一部の田んぼで実施。
雑草がどんどん生えてくるが、家族で食べる分だけでも作ろうと、細々と続けた。

46歳の時に法律が改正され、農薬を減らして育てた米を、
有機米として直接消費者に販売できるようになった

「有機栽培の米を、少しでも高く売ることができれば貧しさから抜け出せる」
全ての田んぼを有機栽培に切り替えた。

しかし、まだ消費者の有機米の認知度は低く、苦労して育てた米は4t売れ残った
泣く泣くすり潰し、肥料として田んぼに撒いた。

もともと少ない収入がさらに減り、
農機具を買うために借金し、電気代が払えずにまた借金し、負債は1千万円を超えた
親は出稼ぎをし、妻は野菜を作って売って、家計の足しにした。

家族をどん底に突き落としてしまった有機米への挑戦。
しかし、後戻りはできなかった。
「いま農業をやめて、じゃあ何をやろうかと言っても、それはもう無かったです」

ただのおいしい米ではだめだ、誰もが欲しくなるような、
とてつもなくうまい米じゃないと売れない

手当たり次第に新しい栽培法を試したが、うまくいかない。

ある時、妻の作るほうれん草を見て思いついた。
ほうれん草は冬の寒さに当てれば甘くなる。
米も収穫を遅らせ、寒さに当てればおいしくなるのではないか。

寒さに負けない強い稲を作るために
寝る間も惜しんでひたすらお米のことだけを考え続けた。

妻 「あの人にあきらめるってあんだいかね、途中で投げ出す人じゃないものね」
↑淡々とねぎを束ねながら。この人も苦労の中でも一切愚痴を言わなかったらしい。

様々な工夫を凝らした結果、お米の味が変わってきた。しかし、まだ売れない。

1993年 有機栽培に転換して6年目、戦後最悪の大冷害が起こった。
8月の末になっても稲の穂が実らない。
検査員は田んぼを見て「全滅ですね」と言った。
しかし、稲を見捨てることができずに、毎日田んぼに出かけ、稲を励まし続けた。

9月初め、一斉に出穂した。
「『今出ればもう大丈夫だ』と、稲自体が出てきたと私は思うんですよ」(纏めました)
今までの苦労が報われたと感じた。

田んぼは異例の大豊作になり、米不足に苦しむ問屋から注文が殺到した。
そしてその味は、大評判になった。

全国米食味分析鑑定コンクールで3年連続金賞。
1kg1500円、一般の米の5倍の値段で取引される。


明日は、様々な工夫を凝らしている、米作りの一年についてです☆

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper