FC2ブログ
≪ 2019 08                                                2019 10 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -

 #4終 マキャベリ 君主論 

外交官としてのマキャベリの交渉術
1500年 フランスとの交渉がマキャベリの初仕事。
情報を集め分析し、本国に書き記す。
「情報を入手する最善の方法は情報を与えることだ」
人間としての信頼関係を作ることが重要。

東郷和彦 京都産業大学教授 元外交官。主にロシア担当。父文彦氏も外交官。
東郷さんの好きな言葉集
3章「彼ら自身の力量と思慮に賭け、その恵みに浴することを願った」
交渉中に国際情勢や国内情勢が動く。
 機会の扉が開いた時に、果実が落ちてくるのを待つのではなく、
 掴みに行かなくてはいけないと言っている、素晴らしい言葉だと思います」

↓語りを纏めました。
外務省時代、北方領土の交渉に、仲間と共に携わった。
 何度も時の流れが動いてきて、機会の窓が開いた。
 その時にいざ動くと、これが日本全体でできなかった結果、
 今の北方領土の難しい状況になってしまった。

「これを見る度に、窓が開いた時の動くことの重要さね、マキャベリは分かっていたと…」

祖父 東郷茂徳 外務大臣。
太平洋戦争開戦時及び終戦時に外務大臣を務めた。
51対49の精神 相手に51を譲るつもりで交渉に臨む。
相手国のことを一番理解しているのは外交官なので、
相手の必要としていることを本国に伝える。自国の利益だけを求めてはいけない。 

25章 運命は半分位は人間の自由意思に任せてくれている。
北方領土交渉がだめになった時、半分は運命だが、
機会の窓が開いた時に動くか動かないかは人間の自責任だと思った。

26章
当時フィレンツェで新しい国づくりが始まろうとしていた。
マキャベリはその国作りに参加したい、自分を使ってほしいという思いを綴っている。

▼続きを読む▼

web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

まどろみ島へようこそ! 故障…ってどうなさったのですか、大丈夫ですか?
最上義光公は、『#48 戦国鍋TV』のキャバクラに来店して愚痴っていましたね(笑)。
半端なくいい政治、領土の拡大、戦はやれば強いけど敵陣営の切り崩しや説得などの調略が得意。
領土が荒れるし効率が悪いから戦は最終手段。
和歌は戦国大名の中でも屈指の腕前、庄内のしゃけはおいしい(笑)など、印象的な大名でした。

日本の戦国時代もマキャベリの生きた時代も、やらなきゃやられる時代だから、
「君主論」に当てはまる大名や武将が多いのかなと思いました。
現代も同じ部分はありますが、直接命に係わる分、強く表れているのはないかと思いました。

君主は人格とは別にして、君主として振る舞わなければならないというのが凄いと思いました。
うん、本文にも書き加えておこう(笑)。
コメントをありがとうございました! おかげさまで考えを少し深めることができました♪

またのご上陸を、お待ちしております! 寒いのでお体に気を付けて☆ 
 マキャベリといえば、狡猾・冷酷さから批判的な意見が支配的ですが、政治資源の合理性を追求する上では正鵠を射ているとは思います。

日本では、私が敬愛する最上義光公が、マキャベリズムの体現者だと思いますが、あまりいいイメージが存在していません。

その背景には、江戸時代通じて多くの歴史書・史料を提供し続けた上杉・伊達家にとって断絶した最上家を悪く喧伝した部分も多くあるでしょう。
 もっとも最上義光公の功績は、東北有数の穀倉地帯となった庄内開発・治水事業などの評価など高い業績評価が妥当でしょう

 
この記事へコメントする















08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper