FC2ブログ
≪ 2019 08                                                2019 10 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -

 #5終 日本の食は安すぎる 感想2 

生産者と消費者の調和
消費者が強すぎるのも良くないし、生産者を信じ切って買うのだと、
本当に相手の健康を考えて食べ物を作る生産者は淘汰され、
うまく立ち回る生産者のみが生き残る社会になってしまう。

でも、消費者も知る努力はするけれど専門外だから理解するのに難しい部分もある。
だから、生産者には「こういうことに注意して作っている」という主張をしてほしい
全てを表示するのではなく(そんな手間をかけさせたら余計に経費が掛かる)、
「こういうことに注意しているからこういう値段なのです」という、
消費者に理解を促すような主張。まずは目の前にいる流通業者か販売者へ。
軽くでいいです。お互いに全てを疑っていたら成り立たない。性善説で。

流通業者は生産者と販売店の橋渡し。要求ではなく伝える役目をする。

販売者は生産者や流通業者の主張を消費者に伝える。商品の横に軽く張り紙を張るとか。
販売店自身の意見も各相手に伝える。

消費者はそれを読んで、強すぎず自分が得することだけ考えないで、
自分の望む安全とそれにかかる手間や経費を踏まえた建設的な反応を返す

難しかったら、「自分はこういうものが欲しいけど、どういう苦労がかかりますか」
とスーパーの投書箱などで聞けばいいと思う。
本文にもあったけれど、生産者と自分にとって妥当な値段なのかを知る努力をする。

もし自分だけ得をしようと思う生産者が、捕まらない程度にずるいことをしたら、
他の生産者も同じようにしなければ生きていけなくなって、
はじめにずるをした生産者は、はじめに少し得をしたとしても、
家に帰ればそのような食べ物が溢れていて、自分もそれを食べなければいけなくなる。
これが「自分に返ってくる」ということだから、お願いします性善説で!

法律を強化しても、やろうと思えばいくらでも裏をかく事ができるだろうし、
あまりにも複雑になるとせっかくいい法律があっても理解できる人が少なくなり、
在るけど無いようなものになると思うから。


▼続きを読む▼

web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper