FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #1 上野動物園(動物・後編) 

ブラタモリ
前篇のおさらい。
江戸時代、生活に余裕が出て、すでにたくさんの種類の犬が輸入されていた。
江戸中期、中野に10万匹の野良犬を収容する施設。深刻な問題となっていた。
犬が水を飲んだ井戸の痕跡。
ある公園ではゾウがやってきた。

浅草 ちんや 
明治時代からすき焼き屋になったが、それまでは中国の狆(犬の一種)を商っていた
御旗本さんや御大尽さん、お金持ちや遊女にも狆を納めていた。

江戸時代の動物画 豹、ラクダ、山嵐、ヒクイドリ、オラウータンなど。

江戸時代、将軍や大名は身分的優位を示すために珍しい動物を海外の商人から欲しがった。
飼い主が死んだ後、売りに出されたり、それを見世物小屋が買い取ったりして、
庶民の目に触れるようになった。ゾウやラクダが人気。

ラクダの夫婦の、仲睦まじい様子にあやかりたいという客が押し寄せた記録がある。

花鳥茶屋 歌川豊国画
お茶を飲みながら鳥を眺められる遊び場。現代の掛川花鳥園?

動物園誕生の道
明治5年 湯島で日本初の博覧会。
当時のカタログが残っている。
人骨・ミイラ・アシカの剥製・サナダムシなど…。
生き物から標本まで雑多に展示されていた。

博覧会が常設の博物館に


人気だった生きた動物が大きく発展し、独立

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper