FC2ブログ
≪ 2019 11                                                2020 01 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

 #7 高校講座日本史 

平安時代を3つにわけた、2つ目です。

摂関政治の展開と藤原氏
1、摂関政治
藤原氏の北家婚姻を通じて天皇家と結びつき摂政や関白などになり主導した政治。
摂政 天皇が幼少のときなどに、天皇の代理で政務を行う。
関白 天皇に奏すること。天皇から下されることについてまず相談を受け、天皇を補佐
10世紀以降に役割分担がはっきりしてきた。

藤原道長 966~1027年
右大臣、左大臣を歴任し、20年以上政界の頂点に立つ。
4人の娘を入内させ、天皇の外戚になった。
摂政は1年で息子の頼通に譲り、関白にはならなかった。

陣定(じんのさだめ) 月2、3回の大臣や上位公卿の大事な会議。
関白と摂政は決済する立場なので参加できない。
道長は、決済する立場よりも公卿を纏めて優位に立ちたかった

御堂関白記 14巻。日本最古の藤原道長の自筆日記。 
関白のような仕事をしていたので、子孫が題を付けたらしい。
↑今も見られてすごいなあ。紙って長持ちするんだなあ。
当時の仕事ぶり、生活、物忌や「ケガレを解除」などの文化や風習、様々な事が分かる。
割とまじめに仕事をしている。毎日忙しそう。
当時の日記は子孫に伝える意味が大きく、公式な内容が多い。

一方、藤原実資の「小右記」は、道長の批判など、個人的な感想も述べている。
まじめで実直な人柄だったらしい。←千年前の人の人柄が分かるのはすごい。

2、受領支配の展開
除目 正月に行う。国司などの官職に任命する儀式。
中、下級の貴族にとっては死活問題。
申文(もうしぶみ) 立候補。
地方に行った国司は一番偉い「守」と呼ばれ、役目を引き継ぐと受領と言われた
律令的な政治が出来なくなり、人から税を受け取る事が出来なくなってきたので、
公田の納税責任者を決め、面積を元に「官物」として徴税し、都の倉庫である京庫に納めた。

儀式など、財源が必要な時に政府が受領に命じて京庫から取り出す
受領たちが集めた富によって、儀式などの都の文化が支えられた。
何もない時は、受領の財産にもなる二面性があった。
10世紀頃から、国司は納税以外は自由な裁量を任されていたので、
それを利用して富を蓄える受領もいた。


3、王朝文化 紫式部と源氏物語
紫式部

受領だった夫が死んだ後に、道長の娘である彰子(一条天皇の中宮)に仕えた
道長は、天皇が自分の娘の所に来てくれるように、居心地の良い楽しい所にするために、
紫式部のような頭の良い女性を娘に付けたり、
源氏物語のような面白い話作りを応援したりしていた。

華やかな文化。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper