FC2ブログ
≪ 2019 11                                                2020 01 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

 TPP議論は、賛成反対じゃ無意味 

TPP徹底討論を見た。
悪い方に予感が当たった。やっぱり水掛け論で終わったか。
いくつかの番組を見たけど同じようなものだなあ。

賛成派は抽象的で調子のいいことばかり言っている。
TPPを利用してこうするという展望、不利な点も挙げて対策を述べないと納得できない。

反対派は反対するなら「TPPに入るより良い」と思わせるような代案が必要です。

一つのことを決めるには、賛成派も反対派もいる。みんな立場が違うんだから。
自分のことだけじゃなくて、相手も納得するように話さないとなあ。

せっかく国民の意見を募集したのに、賛成か反対かと聞いているので、
抽象的で感情的な意見が目立ってしまった。

でも、自分と違う立場の人のことや専門外のことまで考えて話すことは難しい事。
やり方を変えた方がいいと思う。

国民一人一人も各分野の専門家として生きているのだから、
自分の属している分野について思うことを募集したら良いと思う。

「工業編」・「農業編」・「医療編」など各分野の詳しい人に集まってもらって、
国民の意見と共に、一人一人の頭だと難しいことを煮詰めていって、
最後に結論を出すようにしたら無駄にならなかったと思う。

各分野で意見を述べる時は、「~だから賛成か反対」ではなく、「問題点とその改善案」。
自分の立場だからこそ気づいた問題点とそこから考えられる解決方法。
一つでも二つでも良いと思います。
立派な意見ではなくても、突拍子のない意見でも、自分の意見を述べることが大切です。

良い意見なら誰かが取り上げ、皆で練り上げ、現実に使えるように努力し、
そうでないならおいておけばよいことです。足の引っ張り合いは時間の無駄です。

それはTPPに関係なく必要な事です。
遠回りなようですが、本気で取り組んだら参加するか否かの結論が見えてくると思うのです。
「これは参加した方がもっと効果が出るな」とか、
「これなら参加しなくても十分やっていけるな」とか。
楽天的すぎるかもしれませんが、良くなるように努力して、悪くなることはないと思います。

「普段からちゃんとやっておきなさいって言っているでしょう?」
8月31日によく聞かれる言葉。
ちゃんとやっていなかったから、あたふたしている。
せめて今から、この機会を利用して、より良くなるように革新していきましょう。
革新とは、決して機械的なことだとは限らないと思います。
その場所や人や状況によって、一番良いものを自分の頭で考え合う事だと思います。
#4終 ドラッガー マネジメント

最後には参加するか否かの結論を出さなければならない。そしてその期限は迫っている。
だからこそ早く水掛け論からは脱してその先に進まなければならないと思う。
関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

まどろみ島へようこそ!
「今になって論じているのが遅すぎる」
「自由貿易に関する政治問題は、TPP以前から国民的議論になっているべきだった。」
できていればよかったと思います。本当はやらなければならなかった。
今まで何もしていなかったのかとか、怒りも沸き上がってきますが、
宿題の山を目の前にして、やらないと終わらない。
個人と違って、先人がさぼった宿題をやらなければならないと思うと、
理不尽にも思えますが、ここで自分の世代もさぼると先人のことを言えなくなるので。

「議論があまりにも説得力の無さが顕著でどちらも支持・賛同しかねる話ばかりには思えます。」
政治家として大丈夫なのかと心配にすらなります。

「『TPPでなければならない』という説明の無さ。」
入らなくてもいいんじゃないかという意見もよく聞きますね。

「TPP議論において、「国益」云々を指摘している人の多くは、”国益”について思慮が足りない」
「TPPを国益の視座だけで論じることの適否・・について議論しないこと」
ありがとうございます。私ももの知らずなので、精進致します。

「”今更”観の識者の方」は、他人ごとに見ているように感じます。
現状況でできていないのだから、その豊富な知識で協力したらいいのにと思います。

本文を少し変えました。後から思いついたことを書き加えたりすることがあります。
もしよろしければ、ご覧になってください。
 
またのご上陸を、お待ちしております!
 お邪魔します

TPPに関しては、私は慎重論なわけですが、私にとってはTPP騒動について理解しかねる部分が多くあります。

というのは、自由貿易に関する政治問題は、国家戦略問題であって、『今になって論じているのが遅すぎる』、ということです。
 TPP以外のFTAは個別にも行われているし、WTO交渉などを通じて
”自由貿易に関する国家戦略については、TPP以前から国民的議論になっているべき問題だった”
という見地なのです。
 ”今更”観の識者もそれなりにいますが、私が更に疑問に思うのは、「TPPでなければならない」という説明の無さです。
 プラス・マイナスの総合収支で判断し、その判断には価値観の問題が大きく関わるわけですが、議論があまりにも説得力の無さが顕著でどちらも支持・賛同しかねる話ばかりには思えます。
 ちなみに、TPP議論において、「国益」云々を指摘している人の多くは、”国益”について思慮が足りないというべきでしょう。
ちなみに、TPPを国益の視座だけで論じることの適否・・について議論しないことも日本の論壇の程度の低さ、というべきでしょう。

駄文失礼しました

 
 
この記事へコメントする















11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper