FC2ブログ
≪ 2019 11                                                2020 01 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

 夢の国芳 傑作10選 

日曜美術館 
個性が強い。独創的。発想が規格外。
1797年 日本橋の染め物屋で生まれた。
30歳を過ぎてから『通俗水滸伝シリーズ』で一躍人気絵師になった。
気に入らない仕事はどんなに金を積まれてもやらない職人肌の人だった。
絵師なのにいつも火消し半纏を着ていた。
無類の猫好き。常に数匹、時に十数匹の猫を飼い、懐に猫を抱いて作画。

異国の西洋の銅版画を何百枚も集めて、異国風の絵も描いていた。
江戸っ子は新しいものには目が無い。
17世紀『東西海陸紀行』オランダの版画集。
当時珍しかったこのような書物を通して、熱心に西洋画を研究していた。
この書物と同じ構図の浮世絵もある。
遠近法や陰影表現を貪欲に吸収。彼は「西洋画は真の絵なり」と言い残している。

1、九紋竜史進 史進の背中の彫りものに圧倒される。細かく鮮やか!!
この絵の彫りものが大流行した。

一枚で完結していた武者絵を繋げ、鯨・鰐鮫など画面いっぱいに巨大動物を描いた
2、鬼若丸の鯉退治
水をかき回すように真っ赤な鯉が3枚の紙を横切る。
水の動きと、鯉を狙い澄ます鬼若丸の動と静の対比

3、相州江之嶋之図
色彩の陰影による立体感。それまでの浮世絵には無い手法。
風光明媚な風景画ではなく、うねるような力強さがある
人間を小さなものだと見做す大きな視点
でも人間もすごく楽しそうに描かれていて、人間への愛情も感じる

4、其面影程能写絵 おかづり/ゑびにあかがひ
釣り人を影にすると伊勢エビに見える。かごなどの道具は赤貝に見える。
弁けい/たいこもち もある。

5、逢相鏡 吉三郎  吉三郎は市川団十郎。
団扇絵。江戸時代の中期、扇子に代わって団扇が普及した。
広重の風景画、豊国の役者絵など、浮世絵を使った団扇が愛好された

6、国芳もやう正札附現金男 野晒悟助
美男画 当時の娯楽小説で人気の色男
猫がどくろの柄を形作っている着物を着ている。
袈裟にもどくろの柄、口が蓮の花。
染物屋の息子だからか、着物の柄や色彩の感性が優れている。

7、朝比奈小人嶋遊
機知に富んだ批判精神を発揮。
直接には描かないけれど、誰もがわかる比喩を使った絵を描いた。

国芳が人気絶頂の頃、天保の改革(老中水野忠邦による奢侈禁止令)が起こった。
歌舞伎・寄席などの庶民の娯楽から、初物、髪結いまで厳しく禁じた
8、源頼光公館土蜘作妖怪図 
頼光たちを幕府の人に暗示(幕府の人間を描くことはご法度)。
背景は禁令に反発する庶民の怨念の表れ
西瓜は江戸っ子が大好きな庶民の恨み。
版元が危険を感じて版木を焼き捨てるほど人気が出た。

9、荷宝蔵壁のむだ書 黄腰壁
落書き風。庶民は誰のことかすぐに分かったらしい。
ご正道批判。庶民への応援。

10、勇国芳桐対模様
自分と弟子達が祭りへ繰り出すところ。粋な浴衣を着て各々名前を入れている。
国芳ほど多くの弟子を抱えた絵師はいなかった。
国芳は後ろ向きで一番派手などてらを着ている。彼は、自分の顔だけは描かなかった。


江戸が江戸らしく在った最期の時代を生きた歌川国芳。
「生活に彩りを」という町民への気持ちがこもった作品の数々。

人間は平等だ、無階級だという批判精神。町民文化。
武者絵を禁じられた頃に、おしりを強調した絵があった。
批判も賑やか。権力者も思わず笑ってしまいそうな表情豊かな絵。

開国に向かって徳川幕府は滑り落ちていく。
移りゆく時代が見えていた。新しい時代への夢や希望や好奇心が交差していた。
でも自分が好きなのは江戸だと、粋でいなせな美意識で絵を描き続けたのではないか。

感想
浮世絵を研究したゴッホはオランダ人。国芳が研究したのはオランダの銅版画。
学び合っているようで面白い。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper