FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #後 発掘 ストーンヘンジ(STONE HENGE) 

天文台? 王家の墓?
入口らしいところが夏至の日の出の方角を向いている。反対側は冬至の日の入り。
夏至と冬至を重要視していたようだ。
自然と社会の調和、社会も自然と同じように永続することを願った。

マダガスカルの習慣
石は祖先の世界に属し、生きている人は木の家に住んでいた。

ダーリントン・ウォールズ 木の柱のサークルがあった所。
人が住んでいた痕跡があるので、生きている人の世界という象徴だったのだろうか。

ストーンヘンジは、祖先と結び付く場
ストーンヘンジとダーリントン・ウォールズの2つの世界を繋ぐのは、エーボン川
2つの世界は、夏至と冬至の一直線上にある。

夏至と冬至の特別な日に、川沿いを歩き、先祖を想ったのだろうか。

ストーンヘンジのアベニューの地下は、氷河期の名残の自然にできた溝だった。
溝が途切れる辺りの、夏至の日の出が通る所にストーンヘンジを作り、
溝と土手を補強。


川沿いにブルーストーンヘンジがあった
ストーンヘンジと対の建物?
後にブルーストーンをストーンヘンジへ移動させたようだ。

BC6000年頃、ウェールズの人がブルーストーンと共に移動してきた?
石は自分たちの由来を示す大切なものだったのではないか。

ストーンヘンジは、英国の石器時代の頂点の記念碑であると同時に、
その時代の終わりを告げる物であった
金属が入ってきて生活が一変。
個人の富や地位を追求するようになり、
裕福な人は財宝と共に個別に埋葬されるようになった。
共同体の大きな記念碑を作る時代は終わった。

おまけ1 謎だらけ!ストーンヘンジの存在 こっちの方が詳しい(笑)。

おまけ2 スコットランド“巨石神殿”の謎
ストーンヘンジより500年も前に作られ、規模もそれを越えるかもしれない。

感想
最新の研究成果です☆ 推測であり、一つの説です。
英国のご先祖様は「違うよ!」と笑っているかもしれませんが、面白かった!
「移動させた」って簡単に言うけど、すっごく大変なことですよね!
機械もないし、自分だったらすぐにあきらめると思う(笑)。
そこまで動かした価値観は何だったんでしょうね。切迫? 希望?

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper