FC2ブログ
≪ 2020 06                                                2020 08 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 もうすぐ、いなくなります メモ 

もうすぐ、いなくなります 池田清彦
2019年の本。
※興味深かった所だけメモしたので分かりにくいと思います、すみません。

P53 DNAを採取してゲノム解析
1990年のヒトゲノム計画は30憶ドル・13年かかったが、
今は、数万円・数日でできる

P54・59 種の寿命
生物の系統は分岐していくうちに、
システムが硬直化して生存に不利でない突然変異を起こす確率が減る。
環境の変化に対応する形質を生み出せず滅ぶ。


P22 ボトルネック効果
7万年前 トバのカルデラ噴火
10万年前からアフリカを出て数十万人に増えていたが七千人位に減った。

P23 約9万年前 阿蘇4噴火
約7300年前 鬼界カルデラ大噴火
当時の屋久島の杉は全部燃えた
だろう。
初期の縄文人が北へ移動。7000年前頃に文化的断絶がある。

P56 一つの遺伝子が多面発現をする
シャベル型切歯と太い黒髪の遺伝子は外胚葉の発生に関する同じ遺伝子が関与。
おまけ:日本人の髪の謎 太くて直毛なのにはワケがある
中国北部やシベリアの乾燥した寒冷気候を生き抜くのには、
太くて断面が円形で直毛の方が適していた
と考えられる。

髪の種類を決める遺伝子が歯や汗腺の形状にも影響を与えることから、
それが生存に有利だった
という説。
外胚葉(がいはいよう)とは - コトバンク

人間の体毛がほとんどなくなったのは脳の巨大化・または言語中枢と関係?
毛がなくなっても服や火で補う。
皮膚は色を認識する 皮膚からも五感の情報を得るために体毛が薄くなったようです。

P156 
病原体や細菌は、自身が生きやすくなるためにホストを操ることがある。
トキソプラズマ 一属一種の寄生性原生生物(原虫)
ネズミに寄生
し、明るい所に出て行かせたり、危険を恐れなくさせる。

猫に食べられやすくなる。

猫の腸の中でのみ有性生殖。

特殊な胞子になり、便とともに排出。

ヒトが触って感染。

ヒトの白血球を乗っ取り、
恐怖や不安を鈍らせる神経伝達物質を作らせている
のではないか。

世界の三分の一の人が感染している。
病的な症状はほとんど出ないが、
交通事故を起こしやすくなっている
かもしれない。

自然界の食物連鎖は複雑で、頂点の肉食動物でさえ寄生虫に操作され、
その寄生虫にも寄生虫が付いている場合もある(重寄生)。


おまけ1:原虫
真核単細胞の微生物で動物的なものを指す語。
原生動物と同義だが、寄生性で特に病原性のもの。

寄生虫学では単細胞の寄生虫。
病理学方向では病原体の大部分は細菌類なので、そうでないものを呼ぶ。

ある病気があって病原体を探したときに、
発見された生物が単細胞生物的で、真核細胞であり、細菌類ではなく、
菌糸のような構造を持たず菌類とは思われない場合
にこの名を付ける。
基本的に運動性があればこの名を与える。
近年、日本国内においても
水道水中からクリプトスポリジウムが発見されるなど、
目に見えていないだけで汚染は深刻であるという意見もある。


おまけ2
トキソプラズマは原虫だが、ウイルス進化論という考えもある。
ウイルス進化論の要点
ウイルスが生物に感染した時に、生物の遺伝子を組み替えたり、
ウイルスの遺伝子を挿入したりする
ことによって変異が起こり
それが次世代に引き継がれて、生物が進化する。


人類学では人類と言う概念は成り立たない。
現生人類は99.9%のDNAが同じ。

おまけ:人間のDNAは、99.9%共通していた!
一人の遺伝暗号は26万2000頁位になり、特有なのは500頁位。

ヒトゲノムの大部分が、動物全般に共通する、似たような役割を果たしている。
チンパンジーは遺伝子的に96%ヒトと類似(2005年)。
アビシニアンの遺伝子がヒトと90%類似。
共通の祖先をもつから。


昆虫の、ミバエの病原遺伝子の61%はヒトと共通
↑病原遺伝子を調べたけれどよく分からないです(涙)。


ミトコンドリアDNA
女系の系統をさかのぼると、
現生人類のミトコンドリアDNAはホモ・サピエンス型で、
ネアンデルタール人女性の子孫はいない


ネアンデルタール人女性とホモ・サピエンス男性の子は、
ネアンデルタール人の村で育てられ、共に絶滅したのではないか。


アフリカ人を除く現生人類は、
ネアンデルタール人男性とホモ・サピエンス女性のハイブリットの子孫。


ネアンデルタール人は39000年前位には滅んだが、
ネアンデルタール人の耐寒遺伝子は、
更新世に起きた氷河期を生き延びるのに大いに役立った。


デニソワ人の遺伝子
チベット人に混入。高地適応に大きな貢献。


現生人類はヒトの系統としては最後の一種。
しかし、災害・種の滅亡、
いずれにしても地質学的な瞬間の規模では、絶滅は時間の問題。


おまけ3: 日本人謎のルーツ
デニソワ人についても書いてありました。

感想
今まであまりトキソプラズマ症について気にしたことはなかったけれど、
これからさらに国際化が進んだら大問題になりそう。
wikiを見ることをおすすめします。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper