FC2ブログ

 #6 アニメ「ダイの大冒険(1991年)」の感想 

勇愛編:33~40話まで

33話 戦士は復活した!!激突ヒュンケル対ハドラー
マァムが気が付く。3のほこらの音楽。
「空気が違う」ポップが面白い。

どうやって生きていたのか、ヒュンケルの回想。
溶岩に沈むヒュンケルが3回目でやっぱり笑ってしまいます。
ちょっと遠くに到着する鎧の魔剣が面白い。ちょっと拗ねてるの?

説明の間、ずっとマァムを抱えていたヒュンケル。
ヒュンケルとハドラーの一騎打ちが始まる。
CM
クロコダインがダイ達を先に中央塔に行くように言う。
「ゴメちゃーん!ゴメちゃん、ワシを置いていかんでくれー!」
「ゴメちゃん、バダックさんを頼んだぞ」
クロコダインがバダックとゴメちゃんを助けてくれる。

獣王痛恨撃で魔導士ごと炎魔塔を破壊。

マトリフとエイミさん。ゴロニャーゴって(笑)。「離せー!!」

ダイ、ポップとマァムもそれぞれ結界が消えたことを実感。

技名が会心撃になった。BGMはおてんば姫の冒険。

ヒュンケルとハドラー。P95まで。
P96の「ヒュンケルが…ヒュンケルが来てくれたのよ」が原作よりキラキラ。

ハドラーは敵に心臓が2つあると教えてあげる。
ハドラーは復活できるから、気軽に自分を切り売りするのかな。
メラゾーマ。
7巻P103まで。
予告:ヒュンケル・アバン・ダイ・
ヒュンケル「アバン、この不出来な弟子に最後の力を!」


34話 いのちの輝き!最終闘気・グランドクルス!!
ハドラーの部下は細やかにハドラーを気遣うなあ。

「…そっくりなんだ…あの時と…アバン先生がハドラーと戦って…」
から「強え…強えよな…」のポップの言い方がとても好きです。
中央塔へ向かう。
今回の絵は上手だと思います。
CM
ハドラーは割と自分を切り売りするのかと思いきや、部下たちを盾にした。
ヒュンケルとハドラーが相打ち。ヒュンケルは一人でハドラーを倒して強い!!

クロコダインとザボエラ。ザボエラは逃げる。

ヒュンケルが目覚めたらハドラーもその部下も消えていた。
部下はヒュンケルを放置したのかな。

フレイザードは笑っている。

中央塔の入り口で爆弾岩とフレイム。
フレイムの声が高くて面白い。「問答無用!」はもっとはっきりした方が良い。

爆弾岩は踏んだくらいでは大丈夫、そんなにポンポンメガンテしないと思う。

バギ+メラゾーマ+ヒャドで倒した。

フレイザードが塔の外まで降りてきた(笑)。
7巻P161まで。
予告:ダイ・フレイザード・ダイ・またフレイザードが「見てくれよな」


35話 フレイザード勝利への執念!嵐の弾岩爆花散
クロコダインがマァムを助けた。ヒュンケルも来た。

メダルについて。鬼岩城完成の日。

弾岩爆花散! 漢字がかっこいい。
CM
戦いの後をマトリフに聞くエイミ。気球を直すしかないと答える。

核を砕けと教えるヒュンケル。
ダイとフレイザードの一騎打ち。
7巻終わり。巻末の人気投票は22位がザボエラ、23位がずるぼん。
予告:ダイ・フレイザード・ダイ「見えた!こいつがフレイザードだ!」


36話 でたっ!アバン流最後の奥義・空裂斬!!
氷炎爆花散。
空裂斬について。
「狂ってるわ…」を省略したのは良いと思います。
P30の「行くぜ!ダイ!」まで。

P24・25に戻り、死んだハドラーの所にミストバーンが来た。
さっきハドラーは部下を盾にして逃れたのに、他の部下たちは離れないんだなあ。
CM
P46~52へ。
暗黒闘気で蘇らせた。

P30の「ダイ!てめえの望み通り…最後の技で勝負だ!」 から。
バダックが辿り着こうとしている。
P36・37を飛ばしてP38へ。

今回の絵は顔に線が多く入っていて個性がある。
新岡浩美さんが一人原画、作監は入好さとるさん。

P40のマァムのコマからP36に戻る。

エイミさんは美人だけど風呂上がりのように見える。

P40に戻る。BGMは小さな勇者ダイ。

メラゾーマではなくベギラマ。

ヒュンケルがとどめを刺そうとしたらミストバーンが来た。
8巻58まで。
予告:ダイ・フレイザード・ダイ「見てくれ先生、おれの技を!」


37話 アバンストラッシュ!!いま…すべてを斬る…
素直に助けを求めるフレイザード。
魔炎気になって鎧と一体化。

ゴメちゃんとバダック。

ヒュンケルの鎧の上が砕けた。鎧がかわいそう。

フレイザードは裏切る気満々。
CM
ゾーマの曲。
「大地を斬り…」の所で一旦音楽が途切れるのが良いです。

再び始まった音楽は大変盛り上がった編曲になっていてすごい。
紋章の力無しでアバンストラッシュ。アバン流刀殺法の完成。

ヒュンケルのびっくりした顔がかわいい。

ミストバーンが消えた。

まだメラゾーマが使えるのはすごい。メラゾーマでだめならだめなような。
ギラ+ベギラマの方がメラゾーマより強いの?

「アバン・愛のテーマ」の音楽でダイが紋章を発動させベギラマ。

クロコダインがマァムを受け止めるのが良いです!

レオナが生きていると分かった時、3の村の曲。
エイミ達が気球で迎えに来た。
8巻P197まで。
予告:ダイ・ポップ・ダイ・ポップ「おれのマァムが、どうしたって?」


38話 アバンの使徒の道…そして、マァムの決意
エイミさんはマトリフの扱いに慣れてきた。3の村の曲。
4の街の音楽でレオナ登場、良いです。

ヒュンケルを見つめるレオナ。
時々耳飾りが光って良いです。でも金具らしき部分も全部ピンク色なのが残念。

判決の場面で「冒険の旅」の曲が良いです。

バダックとクロコダイン、ラーミアの曲。
涙を見せるクロコダイン。

マァムが酔っぱらうマトリフを見て笑っているけど、笑ってないようにも見えた。
酔っぱらうレオナが面白くてかわいいです。「おかしおかし、あははは」

ヒュンケルとクロコダインは別行動。BGMは4の不思議なほこら。

カールのバラン、ダイの正体に気づく。
CM
パプニカの復興の様子。3の街の音楽。

魔法の特訓。ギラ。「ちょっと、そんなのあルーラ?」

マァムに気づいたマトリフ。
「ロカが男の子なら武道家にしたかったってのもわかるぜ」

エイミの口紅がピンクで、マリンはローズっぽい。

魔王軍は六芒星が半減。展開が早いなあ。
死神の笛が3の洞窟の曲を繰り返すのはいまいち。
キルバーン登場。
8巻P147まで。
予告:マァム・ダイ・マァム・ダイ・マァム「みんな、さよなら!」


39話 すばらしき仲間マァムよ、また会う日まで…
キルバーンは落ち着いた声と話し方。
もっとペラペラ話すと思っていたので意外だったけれど、
ピロロと対照的で良いです。

ザボエラはバランと現れてこめかみを掻いている。

鬼岩城が引っ越し。

「いつまでもこうしてても仕方ないし…」

「もっと強い攻撃能力がないと、本当に足手まといになりかねないわよ」
レオナを助けるために魔弾銃が壊れたのに、突き放した言い方をするなあ。
マァムとレオナがにらみ合う所の絵はいまいち。

CM
飛び出すポップ。「アバン・愛のテーマ」の曲。
ダイの「マァムがんばれよ…」は口が大きすぎてにやけているように見える。

ロモスまで自力で行ったら相当時間がかかるし、どうやって行く気だったのかな。

出会った時の回想のBGMは1のフィールド曲。

マァムの回想は、左から右へ強制スクロールの形になっていて良かったです。
BGMはゆっくりした「アバン・愛のテーマ」

「い、いいんだよ、マァム」からのBGMはゆっくりしたラーミアの曲。
「す」の所は、後の原作の、バーンパレスの所で使われたと思います。

死の大地に鬼岩城。

ピロロはずるぼん役でもある江森浩子さん、すごいです。
ずるぼん・マリン・ピロロ・ナバラ・兼ね役をしたのですね。
8巻おわり。8巻末にはアニメプロデューサーからの熱い文章があります。
予告:レオナ・ダイ・レオナ・ダイ・レオナ「ねえ、これどうかな?」


40話 ベンガーナへ買い物だ!!デパートへ行こう!
鬼岩城が移動した。
タイトル
3の街の音楽。猫とネズミが一緒にあくびをしている。

武器屋のおじさんは、どたまかなづちが似合っている。

「おれは魔法使いだから~」とか、「カールに行けば~」とか、
ポップの巻き舌が良いです。

とりあえず持っている鋼の剣を研いでもらえばいいんじゃないかな。

エイミさんとバダックさんが一緒に辞職願い。

「修行の旅は、まず長女である私に~」「なによそれ」とか、
言い争いの内容がアニオリ。

ポップがマトリフの所へ。
マトリフは紋章について聞き、その場でダイの正体が分かったが言わない。

ポップは武器探しに行く許可をもらいに来た。マトリフは自分の装備をあげた。

気球で出発。BGMは「ラブソング探して」。

「だいたいあのテのカオはさ~」の続きがアニオリ。
「無責任男を絵にかいたような顔でしょ~」

「言わせておけばあの女~…当たってる」言い方がうまくて面白いです。

ベンガーナの説明。BGMは3の村の編曲。

百貨店。アドバルーンが懐かしいなあ。一階が宝石って防犯上不安だな。
エレベーターで「どうすんの?この部屋行き止まりだよ」

天使のローブ・意外に危なくないあぶない水着・はでなふく・ぬいぐるみ。
3の装備が懐かしいなあ。
天使のローブは意外に地味に感じました。もっとピンク色が強い方がいいかも。

ドラゴンキラーは攻撃力が高いけれど、
どうやって攻撃するのだろうなと思っていました。

ナバラは面倒が嫌いなはずなのに、なんでそんな余計なことを言ったのだろう。

メルルの声が良いです。メルルは漫画よりアニメの方が可愛いと思いました♪

予告 ポップの実況が面白かったです。
「こちら現場です。ベンガーナ湾より現れたドラゴンたちは、
 町を破壊しながら進撃を続けております。
 あっヒドラがこちらを見ました!我々に向かってきます!」「ポップ~」
饒舌なポップは面白いし、困ったように呼び掛けるダイはかわいいです!
ダイ・ポップ「ドラゴンはおれに任せなさいって!」


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper