FC2ブログ
≪ 2019 06                                                2019 08 ≫
 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -

 #1 縄文文化が日本人の未来を拓く まとめ 

縄文文化が日本人の未来を拓く 小林達雄さん
※纏めるために順番を大きく変えました。

人類は600万年の歴史があるが、旧石器時代まではあまり文化水準は変わらない。

人間の歴史で重要なのは、
第一段階の遊動的生活から、第二段階の定住的生活への変革。
しかし、農耕だけが定住を可能にしたのではない

縄文文化 
狩猟・採集・漁労の三本柱が定住で実現し、文化を高めた。


定住
食べ物を袋などに入れて持ち帰る。
体力のある者が食料を集め、老人や子供は家周辺にいる。
食べ物の情報が蓄積する。名をつけて覚える。

縄文文化で定住するようになってから文化が発展。

竪穴住居 技術と労力が詰まっている。

ムラ(村)とハラ(原)の共存関係 大陸の農耕文明はハラを征服しようとする。
ムラ 情報が集まり、文化が充実する生活地。
ハラ 活動を支えるエネルギーの供給源。


狩猟採集漁労生活 自然への適応を深めていった歴史。

旧石器時代 食料を貯蔵せず、移動生活。

縄文時代  食料の保存・加工技術を持ち、年間の食料事情を安定させ、定住。
早期(約11500~7000年前) 貝塚・海産資源。
前期(約 7000~5500年前) どんぐり類。
中期(約 5500~4500年前) あく抜きの技術、栃の実の食用。

可食植物の一部を栽培・管理・選択 しかし農耕ではない。 

イノシシの飼育 第一の道具が極まり、第二の道具が出現した中期以降。
第一の道具 生活に使う。
第二の道具 呪術・儀礼・祭祀に使う。


驚くほど多様な縄文の食料事情
何かの食料が少ない年も他の食料で補う。あらゆる食べられるものをありがたく頂く。
おいしい時期に食べる。



縄文カレンダー 年間計画を継続する。
多種多様な食物の利用は、それだけ多種多様な労働作業が行われていた。
相当計画的だっただろう。土器をつくる時期なども決まっていた。
食糧貯蔵や加工は未来のための作業。
縄文人たちはその日暮らしではなかった。



農耕が無くても豊かに暮らせた
つい最近まで、
人間は農耕や牧畜により食が安定し、労働が軽減し、余暇が生まれたと思い込んできた。

しかし、アフリカやオーストラリアなどの各地の狩猟採集民の研究の結果、
狩猟採集民の多くは、一部の極北や砂漠地帯以外は豊かな食物があり、
栄養バランスはむしろ農耕民より安定
していることが分かった。

狩猟採集生活は常に飢餓状態だったと言う考えは、
農耕社会が常に狩猟採集生活より優れているという思い込み

農耕民となった結果、異常気象や、不作や豊作の周期などによって、
現代においても世界人口の三分の一が飢えている。


労働時間も、狩猟採集民は一日2~3時間の労働に対し、
農耕民は4~5時間以上働き、しかも人手も要る。

狩猟採集民は特に男性が時間を持て余していることが多い。


おまけ 纏めきれなかった人口について思い出しました。
自然の中で生きていた縄文人達の乳児は母乳を3歳位まで飲んでいたので、
女性は人生で4回位出産し、成人したのは1人か2人位だったのではないか
と書いてあったと思います。
寿命は、昔の研究では20~30歳だったが、全体的にもう少し長生きしたのではないか、
かなり長生きした人も居たようだ
と書いてありました。



感想 サピエンス全史の「人類は小麦の奴隷になった」話を思い出しました。
寒冷化で自然の恵みが減ったので仕方なく農耕に移行したという事情もあるようですが、
結果的に現代はそんな状態になっていると感じます。

なるほどと思ったご意見
1、人間の社会性と単体での幸せは全く相関ないどころか、
具体的に小麦の奴隷にされたことで幸福度が下がった
話、皮肉っててめっちゃ好き

2、http://www.panyako.com/entry/Wheat-slave
人類は小麦と出会う前には戻れないから、小麦の奴隷ということに気付いたときに、
無理のない人口を維持すること
必要最低限の設備を完璧に整えること

この2つに尽力すれば、また気楽な生活を送れたんだ。
みんな何かに支配されていて、それを得るために日々ジタバタ頑張っている
でもその支配からの脱却を考えるよりも、
それと上手に付き合うことを意識して生きた方がいい
なって思った。


幸福度を上げるために考えてみました
2のご意見をとてもいいと思ったけれど、物足りないと思う人も居るだろうな。
それに、全て同意というわけではありません。ちょっと違うと思う所もあります。
人はそれぞれの考え方があるから、一つの型にはめると不満を感じるのだと思います。

そこで、どのような環境で生きるかを選ぶことができたらいいと考えました。
最先端の文明都市に住みたい人はそれを維持するための生活(現代社会のような)をして、
忙しくても充実感を得ればいいと思います。
文明が無いと生きるのが難しい人や未来のために研究したい人もそこに居ればいいと思います。
一方で、例え電気が無くてもいい、お金を稼ぐ仕事に興味が持てない人も居ると思います。
毎日移りゆく自然の様子を感じる方が充実感を感じる人も。

国民の三大義務に勤労・納税(あと一つは教育)がありますが、
文明の利用量によって額を変えて、文明を使わない生活も選ぶことができたらいいと思います。
文明を使わない程度はいろいろな段階があり、暮らしてみたい場所に暮らせるようにしたら、
過疎化問題やエネルギー使いすぎ問題が緩和されると思います。
国際貢献は、国民の幸せも保障しながらできることを行っていけばいいと思います。
例えば休耕田でお米を作って余った分を送るなど、今あるものを活かせたらいいと思います。
もし額が減って文句を言われたら(文句を言われるってひどい状態だけど)、
「今まで国民を働かせすぎたし、エネルギー保全のため」など位は言ってもいいと思います。

そして、状況や考えが変わったら、手続きをすれば選び直すことができたら、
本当に文明を活用し、自由な生き方ができている世界ではないかと考えました。

関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper