FC2ブログ
≪ 2018 11                                                2019 01 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

 #2 ピラミッドはこうして造られた 

エジプト発掘 第1集ピラミッドはこうして造られた

ジャン・ピエール・ウーダン氏の建築家ならではの新説が話題。

内部トンネル説 
ピラミッドの外観に残る、巻きつくように斜め右に伸びる白い筋の延長上に、
稜線のくぼみがある
。ただ崩れたのではなく、別の意味があるのではないか。

2、外観の白い筋とくぼみ

まず3分の1までは直線傾斜路で作り、残りを内部トンネルで石を積み上げる。

直線傾斜路は解体し、ピラミッドの材料にした。これなら傾斜路の石も無駄にならない

3、始めは直線傾斜路で作る  4、傾斜路の石も材料に使う

内部トンネルはピラミッドの側面に約4度の傾斜でらせん状に造られ、そりで石を運ぶ
一定の高さに積み上げると、トンネルを伸ばす。これを繰り返す。
これなら砂嵐や気候に左右されない。

5、螺旋内部トンネル説

内部トンネルは約1.6kmで、今もピラミッドの中に眠っているのではないか。


アブ・グラブ神殿 
大ピラミッドとほぼ同時期。100年位前はまだ崩れていなかった。
高さ5m、幅4mの内部トンネルの跡がある。内部トンネルの技術があった。

1986年 フランス隊の科学調査
重力計で内部構造を調べた。
フゥイ・ドゥオン・ビュイ博士 物理学者。
ピラミッドにらせん状の空洞がある。
密度が低い場所を線でつなげると、螺旋状になる。ウーダンさんの説を応援。

6、密度が低い場所  7、上から見た密度が低い場所

 
関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。