FC2ブログ
≪ 2018 11                                                2019 01 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

 #3終 ハチミツの歴史 

15世紀 
欧州と東洋で茶とスパイスを交易
するようになり、
後にアフリカと欧州の植民地での奴隷取引になった。

欧州(特にイギリス)向けの砂糖を作るため、
大量のアフリカ人がカリブ海の植民地に輸送された。

その頃、欧州やアメリカでは工場が続々と建設され、
砂糖が労働者の安価で簡便なエネルギー源になり得るという発見
は、
産業化・都市化・資本主義の隆盛にもなった。

19世紀半ばになると、砂糖は蜂蜜より安価になり、
蜂蜜は入手しにくくなり、必需品というよりは贅沢品
になった。


宗教改革も養蜂の後退の一因になった。
1530年代には養蜂をしていた男子修道院の多くが閉鎖された。
(カトリックの男子修道院は生き残った)。

15世紀には蜂蜜はほとんど手に入らなくなり、
ミードは穀物を使ったアルコール飲料に代わっていった。


しかし、蜂蜜は今日もあらゆる文化で小さいながらも居場所を確保している。
主流とは異なる文化的伝統を守って暮らす人々の食べ
物として、
伝統的・民族的で体に良い安らぎの食べ物として、
蜂蜜愛好家は絶えることはなく、
養蜂は小規模ながら家内工業や趣味として存続し続けている。
(大規模な市場販路を持つ生産業も居る)。


国際化した新自由主義の通商政策
産業的な食品システムの中では、蜂蜜は単なる商品
となり、
どれだけの利益を生むかで評価される。
商品は標準化・均質化
される。

巨大企業の台頭・良心的な小規模生産者の減少

蜂蜜を薄めて売る・偽物を売る問題 品質の保持を求む。
2002年 一部の中国産蜂蜜に抗生物質のクロラムフェニコール。
2013年 中国の企業がコーンシロップを蜂蜜と偽って販売。

北米
メープル・廃糖蜜・ソルガム
(とうもろこしで作ったシロップ)が増える。

消費者は、安値だが質の悪いものを選ぶようになった。

この仕組みの中では、消費者の安全だけでなく、
その産業の中で働く生産者の幸福も蔑ろにされてしまう。



蜜蜂にとっての脅威
病気・害虫・生息地の減少・農薬・単一栽培・気候変動・別種の蜂
の流入。


蜂群崩壊症候群(CCD)
ネオニコチノイドという殺虫剤が染み込んだ園芸植物が、
蜜蜂の神経系統に作用し、帰り道が分からなくなる。
蜂が弱った所に天敵のダニが来て負ける。


2006~7年 アメリカで突然働き蜂が減少。
養蜂箱の30~90%を失った。



農薬や殺虫剤
現代の公園・庭園・公共の場・ゴルフコースなどでは雑草は邪魔になるが、
例え故意でなくても、蜜蜂に害を与えたり、生息地を全滅させることがある。


遺伝子操作された蜜蜂
農薬対策
に、遺伝子操作した蜜蜂を育てる是非について議論中。
その中の一つが「バックファスト・ビー」
希望の星としてもてはやされる一面もあるが、在来種との問題もありそうだ。


蜜蜂は蜂蜜を作るだけでなく、野菜や果物の受粉も行う。
雑草を無くすことや効率重視に走り過ぎると、
生態系を崩してしまい、人類の首をも締めることになる。


自分達のためにも自然環境のためにも、
健康と味の観点から上質な蜂蜜の良さにもっと気づき、
蜂蜜に関する豊かな伝統を理解できれば、
喜んで蜂蜜に対価を払い、
蜜蜂とその生息環境を守るための対策に、
協力したい
と考えるようになるだろう。



おまけ 
#2 茶の世界史 砂糖の需要はお茶が大きな原因だったのですね。

#1 富士山の光と影
『共生の知恵を知らなかったり、身勝手な考えが入り込むと循環は途切れる』

感想 2017年の本。
蜜蜂が帰ってこない事件は2006年当時、結構騒ぎになったのです。
解明できて良かった。

たまに訳す順番が変な所があった。
レシピ集は参考にはなったが実際には使わないと思う。

関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。