FC2ブログ
≪ 2018 11                                                2019 01 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

 #2 ハチミツの歴史 

蜂蜜入りの飲み物
水・茶・レモネード・チョコレート・酢飲料・アルコール系飲料などの甘み
に。

水と蜂蜜 バラの花びら・果汁などで風味を付けたりした。
     放置して発酵させればミードになる。

ミード
15世紀位までの欧州では、ミードという蜂蜜酒
がよく飲まれていた。
諸説あるが、ハネムーンの語源ではないか。
ケルトでは5月にミードつくりのために蜂蜜が収穫され、
5月の満月はハニームーンと呼んだ。
結婚式は5月1日に挙げられたので、新婚夫婦にミードを贈った
ようだ。


ムルスム ローマ人の、水で薄めたワインに蜂蜜を混ぜた安い酒
     公的行事の際、愛国心を高めるために民衆に振る舞った

ビール 
農民階級では、長い間酵母入りのパンを水の中に放置してできる、
簡単なビール
を飲んだ。
発酵が終わってから甘みと香りを足すために蜂蜜を入れることもあった。

蜂蜜ワイン 蜂蜜と水と葡萄を混ぜて発酵させたもの。
ミードを蜂蜜ワインと言うことがあるがそれは間違い。
ピメント 葡萄果汁で作るのでワインではない。
メロメル 葡萄以外の果物で作るのでワインではない。


他にもウイスキーやウォッカなど、いろんなお酒に蜂蜜を使ったものがある。


蜂蜜はそのまま食べるよりミードの材料にする方が主だったが、
それでもパン類やソースにも使っていた。
食材の味を補ったり、健康効果も期待できた。
蜂蜜は単なる甘味料以上の存在
だった。
体力回復・栄養補給・食事への風味付け・祝祭・式典・宗教儀式に使われた。

肉・果物・卵を蜂蜜で包むと保存がきく。
東欧料理のツィメス(蜂蜜で煮た肉と野菜)のように、
甘い食材を前菜として出す習慣は、ここから来ているのかもしれない

養蜂
蜂蜜だけでなく副産物の蜜蝋もろうそくとして重宝
するので、
養蜂は非常に尊敬される職業であり、領主の館や地所では不可欠な技術だった。

養蜂家と蜜蜂
養蜂家は巣箱の近くで蜜蜂の邪魔をしない動き方
を熟知している。
自分の蜜蜂に刺されない者も珍しくない。
蜜蜂が養蜂家の葬儀に参列したという新聞記事もある。


修道院でも養蜂をしていた。
蜂蜜は儀式でも使ったり、ミードや菓子も作って施設の維持費用を捻出した。
貧者にも施され、薬・強壮剤・防腐剤としても使われただろう。
ワインも作って蜂蜜を混ぜるようになり、ワインが主になる地域もあった。


関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。