FC2ブログ
≪ 2018 11                                                2019 01 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

 超古代からの挑戦状! ①縄文ストーンサークル編 

縄文時代 15000年前。
世界でも類を見ない文化が一万年以上続いていた。
世界に先駆けて、奇抜な縄文式土器・土偶など
を作っていた。


三内丸山遺跡 5500~4000年前位。
大型竪穴住居 長さ32m、幅10m。
普通の竪穴住居は4m位。
共同作業や集会に使ったのではないか。

高度な建築技術・漆の技術もあった。

2000点もの土偶  


ストーンサークル 世界でも珍しい巨石建造物。
縄文時代後半に作られた。
重さ最大200kgの石を使った、直径45m以上の壮大な石組み。


御所野遺跡(岩手県一戸) 4500~4000年前位。
巨大集落の崩壊・ストーンサークル出現のカギを握る。

土屋根住居 土は外気を遮断しやすい。
屋内の火を絶やさないでいると、骨組みの木が黒く燻され、頑丈になる。

寒冷化が進み、栗などが減った
中心にあった大きな集落が食料を求めて分散
していった。

焼け落ちた7つの土屋根住居を発掘 
生活させて頂いたことに感謝し天に還すために自ら火をつけたようだ。

配石遺構 ストーンサークルの原型。
其々の石の近くにたくさんの墓が見つかっている。
大切な人や祖先が眠る共同墓地だった。
離れて行動するようになった人たちが集まれる特別な場所。


大湯環状列石 4000~3600年前位。
日本最大の環状列石が2つある。野中同遺跡と万座遺跡。
7200個もの石を使って人力で作った。

各環状列石からは数の規則性が読み取れる 
巨大な天文カレンダーの可能性。

万座遺跡
2重の円は、中心から8m・16m・24mと正確な倍数
で設計、など。

土版(どばん) 数を表す穴が土偶の顔のようでかわいい。
↑子供に足し算を教える道具のように見える。

日時計状組石 東西南北も分かる。
食べ物を採取するため、季節の変わり目を知る

2つの環状列石の中心と2つの日時計状組石の中心は一直線上にあり、
北西(夏至の日没方向)を向いている。


夏至を特別視 
夏至を知り、冬に向けて備えを始めたのかもしれない。

イギリスのストーンヘンジ 同じ時代に同じく夏至を重視。

本 石にこめた縄文人の祈り・大湯環状列石


伊勢堂岱遺跡(北秋田市) 
たくさんの土偶 まじないや祭りに使われたようだ。様々な表情。

環状列石が4つあり、4つの村が競い合って作っていた。
大湯環状列石が2つあるのも関係があるかもしれない。


ストーンサークルが世代を越えて作られた謎
小牧野遺跡(青森市) 4000~3600年前位
直径35m、三重の円。
標高150mの山を切り開いて土を均し、中央に土を盛っていた。


小牧野式配列 土が流れないように美しく石を組んでいる。

景色が良い 集落から離れた山の上。神聖な場所として選んだのではないか。

200年かけ、2900個もの石を運んだ。総重量は30トン。
500m離れた川から石を運んだ。

一つ運ぶのに一時間かかった。でも運んでいる間に連帯感が生まれた。
石運びも祭り
の役目を持っていたのかもしれない。


天候や季節に左右されながら、自然と共に生きる暮らし。
十分なゆとりが無かったからこそ、心の拠り所を作っていた。


残念ながら現代人は損得勘定で物を見ているから、
縄文人の精神活動を理解できなくなっている。

縄文のストーンサークル
共同墓地・祭りの場・太陽の運行を知る場。


確かな知性を誇った縄文人の姿と、人々の強いつながりを物語る場所。
日本人の心の起源とも呼べる大切なものが、今も刻まれている。



おまけ 
#前 発掘 ストーンヘンジ(STONE HENGE)
スコットランド“巨石神殿”の謎
他にもあるので、よかったら左側で「ストーンヘンジ」と検索してみてください。

紹介 超古代からの挑戦状! ②縄文仮面男の謎
すばらしい纏めをありがとうございます!

感想 
まだこれで確定!とまでは決めつけられないかもしれないけれど、
寒冷化→分散→環状列石を作るようになったというのは説得力があるなあ。
寒い中、少人数で生きるのは寂しくて大変だっただろうな。
たまに人と会えたらうれしくて楽しかっただろうな。
皆で少しずつ立派なお墓を作っていって、
いつかは自分もそこに眠ることができる、先に眠っている人が迎えてくれる、
自分が死んだ後も、子孫たちが変わらずそこに集まってくれる、と思えたら、
生活はしんどくても、死ぬことについてはあまり悩まずに、
前向きに生きることができていたかもしれないと思いました。

現代の事を考えてみると、もし自分のお墓に眠ることができたとしても、
自分の子供はお墓詣りに来てくれるかもしれないけど、
その後は誰からも忘れ去られるんだろうな、別にいいけど、とか、
不安とまではいかなくても、あやふやなことに驚きました。

大陸では文明が発達していたのに縄文時代は…と比較されることも多いですが、
縄文の人々は、自分達の生き方に納得していたのではないかと思います。
だから同じ生活を続けようとしていたのだと思います。

さらに、縄文人の行動範囲は広かったから、
大陸の文明を知っている人もいたかもしれなくて、
その上で、自分達の生き方はこれでいいんだと思っていた気もします。
これは私の想像なので、違っていたらやさしく教えて下さい(笑)。

拙い想像はさておき、
当時のご先祖様の思いに近づこうと考えるのは大事なことだと思いました。
そこには忘れられたり顧みられなくなったものが残っているかもしれません。
だから今もそこに在るということが、ありがたいと感じました。
関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。