FC2ブログ
≪ 2018 11                                                2019 01 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

 #1 2億5千万年後の地球 

スーパーコンチネント ~2億5千万年後の地球~ 2010年08月14日 NHKハイビジョン

グリーンランドの氷床コア 過去の気候変動を知ることができる。

地球の公転軌道は10万年周期で楕円から円に変化する。
同じ位の周期で、氷床が拡大したり縮小したりしている。

現代は温暖な間氷期が1万1000年以上続いている。
人類は温暖な気候のおかげで農業を始め、文明を築くことができた。
しかし、今後10年から10万年の間に氷河期が戻ってくると考えられている。


1億年後の地球
地中海沿岸は存在しない。

アフリカ大陸を乗せたプレートが、
ヨーロッパとアジアを乗せたユーラシアのプレートの下に沈みこみ
巨大な圧力がユーラシア大陸を上へと押し上げ、険しい山脈を生みだす
アフリカ大陸が北上し新しい大地を作り出す一方で、別の場所では陸が分裂している。

2億5千万年後 
太陽は少し膨張し、月は少し遠ざかり、星座の形は変わっている。
大陸は移動し、超大陸(スーパーコンチネント)になっている。



現在の地球は海洋の熱循環のおかげで、
熱帯地方で温められた海水は極地へと流れ、冷やされて深海へと沈み、
再び熱帯地方の海面へと戻る。この循環によって、酸素は深海へと運ばれている。


しかし超大陸では極地の氷は消失し、海洋の温度は高い
酸素は深海へ行き渡らなくなる。

酸素がない状態では複雑な生物は生きられない。海の中はとても静か。
地球は原始の時代へ後戻りする。

浜辺はシアノバクテリアに覆われて黒ずみ、海には紅色硫黄細菌が繁殖し、
海の色は今とは全く違うかもしれない。

ストロマトライト 地球上の太古の生命の名残。
シアノバクテリアなどの微生物が長い年月をかけて細かい物質を堆積させてできたもの。
触るとスポンジのようで、生きているのは上の方の表面だけ
ここに棲みついているシアノバクテリアは、
太陽エネルギーを利用して光合成し、酸素を作り出す


シアノバクテリアが地球上に繁栄すると、大気中に酸素が満ち溢れるようになる。
動物達が繁栄すると減少するが、絶滅することは無く、
現在の地球では機会を窺っている。

関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。