FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #3 三国志 

100分de名著 第3回 孫権「信」がピンチを救う

孫堅 孫堅の父。
基本方針 漢室匡輔
(きょうほ) 漢を正し守る。孫権まで受け継がれる。
董卓によって焼き払われ、盗掘された漢の皇帝の墓を修復した。
多くの名士から人望を集めた。しかし早くに戦死。

孫策 孫堅の長男。

周瑜 揚州一の名士の家系。周瑜のおかげでさらに名士が集まった。
孫堅の漢に対する忠義に共鳴し、孫策を支えた。正史に非常な美男子
と書かれている。

孫策は制圧した地方の名士を厳しく罰し、多くの恨みを買い、暗殺された。

孫権 孫策の弟。
父や兄が残した優秀な名士との関係性を強め、革新的な発想を持つ魯粛を迎えた。
勢力を拡大し、皇帝を擁立して天下統一を目指す曹操と対峙
していく。

天下三分の計 正史では魯粛と孔明の両方がある。

魯粛の天下三分の計 

鼎足

曹操の勢力は巨大で倒すことは無理だ、
曹操と対峙するには劉備にも土地を与えて三国を立てるべきだ、
漢の復興よりも民の安心が大事だ
と言った。

革新的な考え 漢や儒教など、絶対的な価値観を否定。
現実的な考え 曹操が操る漢は漢とは言えない。それより民の安寧が大事。


漢室匡輔を掲げていた孫権と名士たちは魯粛の構想を退けたが、
後に、魯粛の考え通りに三国時代となった。

孔明の天下三分の計
漢の再興を目指す手段。
一時的に三国にし、曹操を倒す。

208年 赤壁の戦い 曹操軍数十万、孫権軍3~5万、劉備軍1万。
多くの名士たちは降伏を主張。開戦派は主に周瑜と魯粛。
周瑜は、水軍の有利さと人民の信頼の厚さを語り、孫権を励ました。

正史での主役は黄蓋。孔明が風を呼ぶ話などはない。

赤壁の戦い6つの創作
1、偽手紙を盗ませる
2、連環の計
3、10万本の矢を借りる
4、東南の風を呼ぶ
5、苦肉の計
6、義により曹操を見逃す


敗北した曹操は天下統一を断念し、三国時代に突入。

曹操の最大の敗因 油断。

曹操は孫子を学んでおり、百戦百勝するよりも、
戦わないで国を降伏させるのが最良だと知っていたので、
盛んに降伏工作を行っていた

赤壁の戦いの前に荊州を攻め、降伏した人々を高い地位につけた(賈詡の献策)。
降伏した方が得だと見せつけながら降伏工作を行っていた。

だから、黄蓋が降伏に来た時に、自分の策が成功したと思って信じてしまった。

孫権の最大の勝因 信頼関係を保つことができた。
曹操の降伏工作に揺らがず戦い続けることができた。
信頼関係は組織を強くする。



感想 纏めやすかった。いろいろ省略したけれど、呉が一番好きでした。
三国志2(古い)では孫堅と孫策と孫権で統一したことがあります。
前2人は数年しかないから大変だったなあ。一揆が起きまくりました(だめじゃん)。

曹操側の兵力はwikiでは15~24万。それでも呉とは大差があるなあ。
曹操軍の言い分は「疫病で撤退」。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper