FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 今井科学株式会社 

しょんないTV

模型王国静岡 プラモデル出荷額日本一。

今井科学(1954~2002年) 惜しまれながら解散した模型会社
サンダーバード・ロボダッチなど、数々の名作プラモを制作。

今井科学想い出サミット参加者(敬称略)
常木則男  ウッディジョーの社長。静岡模型界の生き字引。
長谷川勝人 飛行機のハセガワの社長。
青嶋大輔  青島文化教材社社長。
松本雅彦  今井科学愛好家。

1954年 今井商店設立。
1957年 木製模型「東京タワー」発売。

本物が完成する前に発売。類似商品が出るほどの人気だった。

模型業界はプラスチックモデルへ移行し、今井科学株式会社に組織変更

1960年 日本初のキャラクタープラモ「鉄人28号」を発売。
それまでプラモは戦車や軍艦が主流だった。

子供達に大人気となり、シリーズ合計で500万個も売れた。
「マンガ模型と言えばイマイ」と呼ばれ、一躍人気メーカーになった。

ハセガワ最大ヒット作の「ミグ‐25 フォックスバット」は40万個。
今は1万個売れればヒットなので、すごい記録。

サンダーバードシリーズ 今井科学の人気を決定づけた。
初めて見たカラーテレビの番組がサンダーバードだった時代。
特に2号が人気だった。
子供だった長谷川社長はすぐに買いに行き、常木社長は2号の成形をやっていた。

サンダーバード秘密基地 
いろんな仕掛けがある。子供の体一杯の大きさ。当時の憧れ。

最盛期には工場が24時間稼働して1日4万個生産しても追いつかないほど売れた。
業界シェアは20%。社員のボーナスが11ヶ月分出たこともあった。

常木社長は当時は毎月のように料亭に行っていたと言う。

「キャプテンスカーレット」や「マイティジャック」が予想に反して大コケ。

1969年 一度目の倒産。
当時、子供だった長谷川社長は父とおじがその話をしているのを襖の向こうで聞いて、
「会社って潰れちゃうんだ…こんなのほほんとプラモデルを作っていていいのか」
と恐怖を感じたと語る。

日本は熱しやすく冷めやすい
ハセガワ社訓「流行りものには乗るな」


1971年 新生「今井科学株式会社」誕生。
サンダーバードなど、従来の製品を再び販売しながら、
日本で唯一となる木製帆船模型を新たに開発


カティサーク 月に3000台売れた。
常木社長はこれも納品していて、出来た傍から今井の社員さんが運んで行ったと語る。

1975年 ロボダッチ 第二次黄金期を支えた。
ロボット+トモダチ。
テレビや漫画の既存キャラクターのプラモ化ではなく
プラモ発でオリジナルの世界を作り上げた画期的なキャラクター。
10年以上、様々なシリーズ商品が発売された。

青嶋社長は当時小学2年生位で、大人気だったと言う。

1980年代 ガンプラが大ブーム
マクロス・サザンクロスなどロボットを次々に発売したが、売れなくなっていった。

1990年代 過去の製品を細々と再販売。
2002年  営業停止。会社を自主解散。


常木さんは今井科学の取締役をやっていた時期がある。マクロスはある程度売れた。
長谷川社長は寂しそうな顔をしていた。「仲間が減って寂しい」。

青嶋社長は2000年入社。
今井科学はどんどん新しいことをやっていて尊敬していたので寂しかった。

今井科学の商品達
「静岡産の模型は静岡の会社が引き継ぐ」という思いを持った会社が立ちあがった。
プラモデル商品は青島文化教材社、木製模型はウッディジョーが引き継ぎ発売中。

今井科学とは
常木社長  すべて 社長のおかげで今がある。
長谷川社長 2号  自分を育ててくれた感謝の気持ち。
青嶋社長  キャラクタープラモの先駆者 今井科学の商品は今も売れる。
松本さん  大人の夢 子供の頃が浮かび上がってくる。

おまけ
静岡モデラー選手権
静岡県の日本一


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper