FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 動物園の人気者ゾウをめぐる大事件 

所さん!大変ですよ

岡山市池田動物園
ゾウが死んでしまったが、今までのゾウ舎の設備では、今の基準よりも狭くて、
新たにゾウを輸入できない


ゾウは絶滅危惧種なので、二頭以上の繁殖目的でないと新たに入手できない。

年間売上1億5000万円位に対して、改築には10億円かかる。
敷地の余裕もない。


市民団体は市に経営を委ねて動物園を移転してほしいと署名活動をしている。

現在、日本には116頭のゾウがいるが、
全国の他の動物園でも同様の事が起こっていて、
繁殖も入手もできなければ、50年後には20頭位になるだろう。

2008年までは、ほとんどのゾウはタイかインドから輸入していたが、
希少動物保護の為、輸出を厳しく制限するようになり、1頭も来なくなった


札幌市丸山動物園 
ゾウがいなくなって9年。ミャンマーの動物園と交渉。

要求されたのは、ゾウ4頭に対し、
オットセイ4頭・しまうま3頭・きりん2頭・ジャガー1頭・フラミンゴ20羽


札幌市は予算8000万円を計上し、動物の輸入業者に頼み、
海外から動物をかき集めてミャンマーに送ったが、オットセイはまだ集まらない。

担当者はゾウが来るまで気が気ではないと言う。

さらに、4頭のゾウのための、ゾウ舎の費用が20億円


鹿児島市平川動物公園
これまでカンボジアからゾウを輸入したことはなかったが、
カンボジアの政府関係者の大臣が来て、
個人で所有する動物園のゾウ2頭と、
鹿児島のホワイトタイガーとしまうまを交換することを決めた


鹿児島市はゾウ舎のために7000万の予算を計上し、到着を心待ちにしていた

しかし、繁殖証明書を求めたら音信不通になり、ゾウ舎の建設は取り止めた

繁殖証明書 飼育下で繁殖した個体であるという証明書。
野生動物保護のため、日本・アメリカ・欧州などで守られている規則。


番組はカンボジアの動物園に行った。大臣は取材を受けてくれた。
大臣が自ら育てた虎や熊たちは、大臣にとても懐いている。
見物客たちは勝手にえさをやったり、かなり自由に動物園を楽しんでいる。

鹿児島に送るはずだったゾウがいた。
村人が村で見つけ、一頭600ドルで買ったと言う。
「野生のゾウなんだから親の居場所なんて分かるはずないだろ」
「私が、私のやり方で自然の中で飼育している。そのどこに問題がある?」

「ゾウが欲しいのは日本だろ?そのわりには厳しすぎるんだよ」


おまけ
ゾウは他にも記事を纏めるくらい大好きです。
動物飼育員 ゾウ編
愛媛県とべ動物園 クマとゾウ編
#3終 改装! 日本平動物園
#2 上野動物園(動物・後編)
地球でイチバンゾウと近い国


感想
カンボジアの大臣は悪気はなかった。完全に趣味の収集。金持ちの動物好き。
認識の違いが大きいなあ。
カンボジア側にとってはホワイトタイガーが行かなくてよかったと思う。
あの管理法では、大臣か見物客か、誰か噛まれていたかもしれない。


始めはゾウ4頭に対していろんな動物を要求しすぎだろうと思ったけれど、
言われた方も嫌だったのかなあと思いました。
でもやっぱり不利だよね、ミャンマーのゾウは地元の動物なのに、
こっちは全然違う動物を買って集めないといけないなんて。
とりあえず札幌にはゾウ2頭を送ってほしいと思います。

交換条件の動物を買うのも、世界中の動物園から買い集めるんだよ。
移動も大変だ。動物たちにとっても大きな負担だ。

その上で考える。そうまでして連れてきていいのか、本当に必要なのか。

民主主義という力の振るい方
軽い気持ちの署名は良くないと思った。
大勢の人が望めば、民間の動物園は市営になり、
輸入業者の人はすごく頑張って世界中から動物をかき集め、
それらを希少動物と交換してくれるかもしれないけれど、
例えば地元にゾウを連れてくるためには、
そういうことをしていることを認識する必要があると思う。

ゾウだけではなく、色々な動物が絶滅危惧種になってきているので、
近所の動物園・一つの動物園でいろんな動物が見られる方がいいとは思いますが、
これからは一つの動物園だけで頑張るのではなく、
どこにどの種類の動物を住まわせるか、
地方単位・または全国の動物園が話し合い、
協力し合うことが必要になってくるかもしれません。

場合によっては、
ゾウは遠くの動物園に、一生に何回か見に行くような動物になるかもしれなくて、
動物は種族ごとに分散して展示されることになり、
お目当ての動物に合わせて動物園に行くことになるかもしれないけれど、
ひょっとしたら動物を見ることに真剣さが増すかもしれない。
種族を絞ることでその種族について深く知ることができるようになるかもしれない。
と考えることもできると思います。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper