FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 「寿命」が生まれた理由 

「寿命」が生まれた理由 纏めただけです。

※明確な理由は現在も不明。

単細胞生物は寿命がない アメーバや細菌などは不死。
一定の期間が来ると、自分と同じ遺伝子をもったモノと分裂するだけなので、
寿命という概念がない。固体としての死はあるが、細胞としての死はない。

単細胞生物は厳しい環境の変化に対応するため、
進化の過程で多細胞生物になり、男女の性が発生
した。

多細胞生物→性→死(寿命)
時間的に変化する環境のもとでは、
有性生殖は素早く遺伝子の組み合わせを変えて適応できる。

年を取ると遺伝子に傷がついていく。
傷が付いた遺伝子で子供ができると、生存上不利な子孫が次代に作られていき
不死の生物は環境の変化に耐えられず滅びていった


生物の「寿命」とは
進化を受け入れる代わりに、
悪い遺伝子を消去するために寿命という形の死を選択した。

有性生物にとって、生き残るために必要不可欠な仕組み。
自動的に生命を終える仕組みが組み込まれている。

不老不死と引き替えに新しい組み合わせの遺伝子を子孫に残し、
限りある寿命の中で生涯を全うし、次の世代に新しい可能性を託す
こと。


鮭や虫など、卵を産んですぐ死んでしまう種
次世代を生んだ後に親世代が早めに死ぬことは、生物進化にとって有利。

個体数は激減したが資源の枯渇で一斉に種が絶滅する危険はなくなった


生物の多様性を維持するために、
寿命を持ったり子供の数を制限したりして、
他の生物種を滅ぼさないように自己抑制もしているのではないだろうか。



おまけ
ベニクラゲ 若返りにより固体の死が無い稀な多細胞生物
老衰で死ぬ寸前にさなぎのような状態になり、その中でぐんぐん細胞が若返り、
やがて生まれたばかりの姿に戻って、再び成長を始める。

何回も一生を繰り返し、その度に子孫をばらまいてゆくことで、
繁殖力は飛躍的に増大。

生活環を逆回転させるこの能力は動物界では稀であり、
これによりベニクラゲは個体としての死を免れている

もっとも寿命による死がないだけで、他の生き物に食べられると普通に死ぬ。


感想
テロメアを省いてしまいました。ベニクラゲはおまけとしてつけました。
最後の一文はニコニコ大百科から。笑いました。
ベニクラゲには驚いて、いろいろな記事を見に行って来ました。
何事も絶対ということはないなあ、多様性ってすごいなあ。

単細胞生物も、時間と共に老いはするのだな、
「分裂で自分と同じものを作るから自分は死なない」ということかな。

自分の種だけでは生きていけないということを忘れがちになるなあ。
でも寿命と言う仕組みは今もしっかりと働き続けて、
無意識に世界の調和を図ろうとしているのだろうか。


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper