FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #2 エミール 

第二回 好奇心と有用性が人を育てる

第二編 現在を無にする教育を批判。
少年期で大切なのは今
 先見の明は必要だが、時に人間を不幸にする。
理想と現実の落差が生まれる。

少年期の読書無用論 経験から学ぶことが大切。知識だと偏る。
情報を詰め込まない
 悪に憧れを持ってしまう可能性もある。
童話に書かれた複雑な観念は、10歳以下には理解不能、または不適切と批判。

感覚・運動の重視 
感覚的理性 感覚と運動で育つ最初の理性。

感覚と理性の比較・連動
 見ただけで味や食感が分かるということ。


現代に応用するために
自由の前提としての適切な依存

親の目という守りがあってこそ、子どもは自由に運動できる。
現代人も自由に生きるために、適切な依存をするべき。

「ほめられる快」をどう見るか
ルソーは褒められることや社会的評価を否定
しかし、人間は他者から認められたい生き物である。
ほめかたを考える必要もありそうだ。


第三編 感覚を豊かにした上で、知的・抽象的把握(観念)を鍛える。
好奇心 経験への原動力。問いが問いを生む連鎖で知識を得る。

決してすぐに満たしてやってはいけない。
能力にふさわしいいろいろな問題を出して、それを自分で解かせる。

有用性 将来役立つこと。
有用性が分かると子供は自分で得ようとする。

しかし、大人があれこれ勧めても、子供には分からないことも多い。

できるかぎり行動で語らなければならない。
そして、実行することができないようなことの他には口で話してはならない。

↑ええ、難しいなあ。経験できることなんてほんの一握りだよね~。
 だから本などで他の人の経験などを補うと思うんだけどなあ。

読書解禁 始めの本は『ロビンソン・クルーソー』だと言う。
こうすれば快適な生活ができるという有用性を考えさせるため。


分業と交換 労働と社会の関係。
工場の中の分業を見学させ、社会全体の分業について話す。

10人社会
一人に10種類の必要な物がある場合、分業と交換によって、
自分は1種類の仕事をすれば、10種類の物が得られる。


↑逆に言うと、自分で10種類のものを全部作るのは大変で、
だから他の人も必要だということかな。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper