FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #3終 御柱 ~最後の縄文王国の謎~ 

諏訪大社 諏訪湖を挟んで4つの社がある。
上社本宮 湖の南。大社の要。
上社前宮 湖の南。古い神事が多く残る。
下社春宮 湖の北。小正月に農耕の神事が行われる。
下社秋宮 湖の北。大きなしめ縄がある。

各社の聖域は4本の柱で囲まれている。

御柱祭 巨木に宿る神の力を蘇らせる為、全ての柱を7年毎に建て替える。

諏訪にある大小の御柱は数千本ある
小さな祠にも4本の御柱が建ててあり、御柱祭の年に建て替える。



全てを祭りに捧げる 嘗ては、御柱祭の年は結婚・葬式・建築も控えた。

御柱祭の準備や運営 20万人とも言われる氏子が行う。

祭りの一年前、祭りに使う樹齢200年もの樅の木を切り出す。

藤つる 
御柱を曳くための綱
に使う。
森で採る。昔から身近にあり、丈夫で生活に欠かせないもの。

本番に向けた練習 ←夜行っている。
本番の道のりを想定し、難所や障害物の越え方を体に叩き込む
諏訪の人々は、御柱祭りを通して、一人前と認められていく。
山の神、森の神への思いを共にしていく。


御柱を里へ降ろす
通過する土地の神様と交わることで神木としての力を蓄える
とも言われている。

上社本宮一の柱 長さ18m、重さ10t。

綱の長さは200m。3000人以上の人が力を合わせ、一本の巨木を曳く。

御幣持ち
氏子の先頭に立ち御柱を守り抜く、一生に一度の大役。

祭りの間、御柱の上に立ち続ける。食べ物も水分も最低限に抑える。

穴山区の大曲 
最初の難所、力任せでは進めない。
氏子達は掛け声とともに息を合わせる。

10時間後 木落とし場に到着。今日はここまで。それから2時間立ち続けた。
「体力と精神力があれば、明日までずっと乗って待ってたいですけど」

翌日、最大の難所である木落とし場を下る
御幣持ちは、立ったままで高さ19mを下る坂道に挑む。
周りの人が駆け寄って支える。振り落とされてはならない。

木落としから一月後、上社本宮から、船の形をした神輿が現れた。
乗っているのは、諏訪明神となった出雲の神、建御名方神。
社を出て、山の神が宿る御柱を迎える。


境内に、皮をきれいに剥いだ御柱が入ってくる。
木肌にはみずみずしい森の力がみなぎっている。

諏訪御柱祭、
それは日本という国が生まれる以前の祈りの世界を今に伝えている
人々は二つの神の出会いを祝福し、暮らしの無事を願う。
人々の祈りを乗せて、御柱は、穏やかに暮らしを見守る、里の神となった。


御幣の返還 大役の終わり。



小宮祭
規模は小さいが、諏訪の各地の集落でも、それぞれの御柱を新しく建て替える
子供達の晴れ舞台。←子供達も歌が上手!

御柱を育む森 神の巨木になるまで200年かかる。


感想 
御柱祭りの木落とし坂以外も分かって良かったです。
すごい一体感だね~。歌う声、掛け声、いい声だなあ。
建御名方神は、社を出て洩矢神を迎えるなんて、丁重だなあ。
まあ運ぶのは人間なんだけどね(笑)。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper