FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 墨 

トラッドジャパン

真っ白な紙に筆で文字を書く書道。
白と黒の対比に日本人は美を見出してきた。
この美しい黒を作りだしているのが墨。

 、黒い顔料をニカワで固めたもので水で溶いて使う。
墨は、3500年ほど前に中国で作られたと言われている。
7世紀、紙や筆とともに日本に伝わり、最も一般的な筆記用具になった。
墨は色褪せにくいため、長い年月が経っても文字が鮮明に読める。


墨は手作り
銘柄が多く、一種類の生産数がわずかなので機械化しても割に合わない。

採煙 菜種油などの植物油を燃やして出る煤を集める。
素焼きの器に油を注ぎ、灯心を立てて燃やす。
炎が小さいほど油がゆっくりと燃え、墨の粒子が細かく均一になる。

煤にニカワと香料を混ぜ、煤の粒子が均一になるように練り上げる。
半年から一年かけて乾かして完成。


墨には油の煤を使うもののほかに、松を燃やした煤を使うものもある。
発色に違いがあり、油から作った墨は濃い黒
松から作った墨は青みがかった様々な黒を表現できるので、水墨画に使われる。

水墨画
中国の墨絵は輪郭をはっきり描くが、日本ではぼかす。

水の性質と関係している。

中国は硬水でミネラルが墨の粒子と付着し、にじみにムラができるから。
日本の水は軟水なので墨は美しくにじむ

墨が作り出す鮮やかな黒の中に、日本人は無限の色彩を感じて来た。



墨とIndian ink なぜ墨をIndian inkと言うのか。

Indiaの語源 インド半島のインダス川。
14世紀頃に広く使われるようになったが、
当時は東アジア地域全体を指す言葉だった。

Indian inkという言葉は、1600年代に登場
イギリスが東インド会社で輸入を始めた頃。
しかし、同時期のヨーロッパに中国の墨が使われていたという説もある。


羽根付きの羽根を落としたら顔に墨を塗る
羽根は魔除けの意味があり、地面に落ちると厄が付くと考えられていて、
厄除けの意味を込めて墨を塗った

鶯の糞入りの石鹸 昔使われていた。消化酵素により墨も落ちる。


西洋の画家は鉛筆で下書きするので書き直しが可能で、
油絵も上から塗りつぶせる
が、
日本の画家は筆と墨を使っていたので描き直しができない。
書道と同じく間違いが許されない。


どの一筆も真剣勝負 あらかじめ完璧な構想が必要。

一世代前の人達の手紙にも通じる。
今の世代はEメールやパソコンで書きながら考えることに慣れている。
その意味で墨絵や書道の練習は、思考力や想像力を鍛えるのに役立つだろう。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper