FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 そきいたもち 日めくり万葉集 

そき板持ち  葺ける板目の  あはざらば いかにせむとか 我が寝そめけむ
十寸板持   盖流板目乃   不<合>相者  如何為跡可  吾宿始兼
そきいたもち ふけるいための あはざらば いかにせむとか わがねそめけむ

11巻・2650 作者未詳 2011年11月3木放送


削ぎ板で葺いた屋根の板目のようにあわないでいたら、
どうするつもりで私は共寝をし始めたのだろうか。


寄物陳思(きぶつちんし)の歌 物に託して心情を詠む。

削ぎ板   屋根を葺いている、一枚一枚の小さな板。

あはざらば 削ぎ板が不揃いになること。


板財の作り方
万葉時代はのこぎりが無かった。
丸太を荒く割り裂いて、手斧(ちょうな)で削っていき、
表面を槍鉋
(やりがんな)で仕上げた。

一枚一枚を同じように仕上げるには、集中力・体力・持続力が必要な作業。


四天王寺の手斧始め 毎年正月に行う儀式。


おまけ
この歌は、意味を読み取るのが難しいと思いました。

古代史の道様より 意外に意味を書いているサイト様を見つけるのに苦労しました。
「そき板で葺いた屋根の板目が合わなくなったら(逢って下さらなくなったら)、
 どうしよう。共寝を始めた私は。」

なるほど~と思いました。

違うと思うけれど、私が思った意味は、
「削ぎ板で葺いた屋根の板目のようにあわないでいたら、
 どうするつもりだったろうか、(でも)私は共寝をし始めました。」

「この削ぎ板の板目と違って、私はこの人とあうことができて良かった。」
と思ったのかな~、などと想像しました♪

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper