FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #2 あっぱれ!江戸のテクノロジー  

直伝 和の極意
第2回 田中久重2 万年時計の極意

1551年、ぜんまい式の機械時計をザビエルが献上したが、
日本では日の出と共に起き、お寺の鐘を聞きながら、日の入りと共に休み、
不定時法と共に生きていた。

日本では、24時間を正確に刻む時計よりも、不定時法に則した時計を必要とした。
不定時法は、季節により昼と夜の時間が変わっていく。一刻の長さが変わる。

先人達は、本来機械時計では表しにくい不定時法を、
知恵を絞って和時計にした。


和時計 
不定時法(日の出・日の入りが基準)に対応した、日本だけが作った機械時計。
二丁天符式
(針の進み方を変える)と割駒式(文字駒を手で動かす)があった。

二丁天符式 季節により、時を刻む速度を変える。
天符におもりを、夏は端に付ける。

割駒式 普通は手で文字盤を交換していたが、
久重は、自動で文字盤を変えることを発明した!!

虫歯車 歯がある所と無い所がある。
軸は一定方向に回っているのに、右に回ったり左に回ったり往復する。
大きな歯車に伝わり、小さな12個の歯車に伝わる。
これに文字駒がついていて、半年かけて右に回って下から上に動いて冬至になり、
逆に動いて夏至になる。ゆっくり動き、磨耗しない。


万年時計 160年前の時計。和時計の最高傑作で、工芸品としても超一流。
一度ぜんまいを播くだけで一年間動く。


複製の万年時計 神奈川県川崎市の東芝科学館。本物は国立科学博物館にある。 
百人の職人が一億円以上かけて作った。

高さは約60cm、異なる時計が埋め込まれた6つの面を持つ。

天頂部 天球儀
正確に描かれた日本地図上を、月と太陽の位置を示す金属球が移動する。

6つの面
1、正面 昼と夜の長さによって時刻の間隔が変化する和時計。
文字盤は一日一回転。
2、裏面 二十四節気 約15日毎の四季の変化。
3、七曜 曜日。
4、十干十二支の日付
5、旧暦一か月の日付と月の満ち欠け(月齢)
6、西洋時計

さらに時を知らせる鐘も鳴り、これだけの機構がすべて連動して動く



しかし、ぜんまい仕掛けの機械時計が使えたのは大名・豪商など一部の人々だった。
江戸時代に一般に使われていたのは香時計。

香時計 1400年前頃に中国から伝わった。
線香の燃える量を測って時間を知る。一筋で30分。
役所・寺・遊郭で重宝
された。


感想 
現代でも一億円かけて百人がかりで作るような時計を、
江戸時代に作っちゃったのよ!

この万年時計いいよね~! 大名や大商人が欲しがったのも分かるなあ~。
どうぶつの森の私の家に万年時計を模した「だいみょうどけい」があります(笑)。

現在のカレンダーが及ぼす弊害は#14和暦で暮らそうにもありますが、
江戸時代のご先祖様は、機械に人間の生活を合わせるのではなく、
人間の知恵を使って機械を自然に合わせ、暮らしを楽にする工夫をしたのだなあ。
人間も自然の一部であることを、しっかりと分かっていたのだなあ。

「え、ただ24時間を正確に刻むだけ?これじゃ生活に使えないじゃん」
ご先祖様、かっこよすぎです!


おまけ 
#13和暦で暮らそう 日本がグレゴリオ暦に変えたことについて詳しいです。
「一切の年中行事を、新暦の同じ日付に見せかけ、虚にしてしまった。」


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper