FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 ミドリガメを買う前によく考えよう 

所さん!大変ですよ「仰天!農作物を食い尽くした謎の生物」

ミシシッピアカミミガメ ミドリガメが大きくなったもの。
数年で20cm以上になり、70年以上生きる。
在来種の2倍の繁殖力
でどんどん増える。

成長すると獰猛、噛み付く、素早い。
ネズミより頭が良いと言われている。

畑周辺の用水路に潜んでいる。
日本の在来種である、クサガメやイシガメが激減。
野生のカメは60%以上
がミドリガメになっている。

カルガモの雛をも食べる。
水辺の植物を食べ尽くし、水辺の砂漠化
が懸念されている。


徳島県 全国2位、西日本最大のれんこん生産地。
食い荒らされ、生産量が3割減った。
将来食い尽くされる可能性もある。

全国各地でいろいろな農産物が食害にあっている。


それなのに、現在もアメリカから年間10万匹以上輸入され続けている。

輸入を禁止するには、特定外来生物に指定する必要がある。
現在180万匹が家で飼われていて、特定外来生物にすると、
手続きの煩わしさから多くの人が捨ててしまうのではないかと指定できずにいる。


アメリカのミドリガメ養殖場 取材拒否が相次ぐ。
「恥ずべき仕事ではない」と一社が応じたが、周辺の人々はその存在を知らなかった。

カメ御殿 1960年代から3代続けている。

1970年代 アメリカでは子亀を飼うことはできなくなった。
サルモネラ菌が原因。その頃から日本への輸出が増えた。

殺菌して輸出していると言っていた。

現在30か国以上の国がミドリガメを輸入禁止しており、日本と中国が主な取引先。



感想
昔お祭りで見た小さなミドリガメは可愛らしかったが、これはもてあましそうだ。
最近お祭りで見かけない気がするのは、いい傾向だな。
でも、今でも毎年10万匹以上輸入されている。

ミドリガメは悪くない。
自分勝手な考えで遠く離れた所に売買している人間が悪い。

日本には必要ないという認識を広めると共に、
昔流行して捨てたものが、数十年経った現在、大変な事態に陥っている現状を、
ミドリガメには申し訳ないけれど、なんとか減らす必要なあるのか。
放置すればどんどん増えるんだよな、困ったなああ。

中国では食べるのか。食べられるのか。あまり食べたくないけれど…。
甲羅とか利用できるかな。他には漢方薬にするとかできるのかな。
ごめんよミドリガメ。

これからは流行に飛び付く前に、
数十年後、それがどういう影響を与えるか考えることができたらいいと思う。

なかなか、その中にいると気付けないけどね。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper