FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #7 フェルメール光の王国展 感想 

4、取り持ち女 1657年 143×130
4.取り持ち女
大きい。コインがきらりと光っている。
グラスや、特に陶器のワイン壺のつるりとした感じと、毛布のもっさり感がすごい。

買われる愛 真実とは全く無縁な愛もある。
取り持ち女 客に娼婦を斡旋する女。男が女に金を渡す様子を描いた絵。
17世紀の画家たちが好んで用いた題材。手段を選ばない悪人として描かれた。


シターン
はっきりとは描かれず、首の部分のみが何かを強く暗示するように示されている。
その持ち方にも示唆がある。シターンはしばしば性的な象徴となる。


開いた手
当初、女の手は完全に広げられ、コインが乗せられていた。
フェルメールは作品の意味を微妙に変えるためそのコインを消し、
金銭が要求される様子と支払いが待たれる様子を強調した。

客の男は女を値踏みしている最中であり、
女は男が手にするコインを食い入るように見つめている。

帽子の羽飾り
男の帽子に付けられた羽飾りも、フェルメールの時代には重要な意味を持っていた。
羽根は「軽薄さ」の象徴として、否定的な意味が込められていた。

↑男ではなく娼婦の尻軽さを象徴するんだって、変なの。

21・36にはバビューレンの『取り持ち女』という画中画がある。
21、合奏 1665~66年 約72×65
21.合奏
ピアノに風景の絵。これもコントラバス?が床に隠れている。左下には赤い布。

36、ヴァージナルの前に座る女 1673~75年 約52×46
36.ヴァージナルの前に座る女
ピアノの様子が分かりやすい。艶がある青い服。壁に文字がある。35と似ている。
チェロは男性の存在。他の画家の取り持ち女の絵。

35、ヴァージナルの前に立つ女 1673~75年 約52×45
35.ヴァージナルの前に立つ女
ピアノのこと。繊細な服。風景画。はっきりした天使の絵。
壁が白くて全体的に明るい印象。
袖の白い部分がくしゃっとして、半透明のリボンがすごい。

37、ヴァージナルの前に座る若い女 1670年 約25×20
37.ヴァージナルの前に座る若い女
小さい。若い女と言うが、36の方が若く感じる。
色味が肩に掛けた黄色と髪の赤い紐、背凭れに僅かな青と少な目。下が少し暗い。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper