FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #4終 やじ・きたと“ブラ旅”に出よう! 

約20年後、黒船が来航、日本は近代化の激動に飲み込まれていく。
馬車、洋服、西洋人たち、鉄道、ビルなど、急速に西洋の文化が流入し、
庶民の間には不安や戸惑い
が広がっていった。

西洋道中膝栗毛 著者は仮名垣魯文。十返舎一九を尊敬していた。
弥次喜多の曾孫がロンドンを目指して旅に出る物語。
二人の土地の人との出会いを通して、西洋の文化や考え方を分かりやすく伝えた

万国博覧会 
二人は外国の文化に驚きながらも、日本の文化の良さも再発見
する。
「日本人ほど器用なもんはねえ」

日本人が欧米の進出に不安を感じていた時、
弥次喜多は気ままに楽しく異文化と接し、国際化への案内役となった。


型にはまらない自由な旅
で、日本の意外な魅力を見つけていった弥次喜多。
あなたも、きままなブラ旅に出かけてみませんか。


おまけ ユーモアとは
人の心を和ませるようなおかしみ、笑いを誘う洒落、言葉で人を笑わせる、
機転、反抗の微笑み、子供心→お茶目、
かなあ。日本語に訳せない言葉が増えてきて焦ります。


感想 
知っているようで知らない『東海道中膝栗毛』の世界は面白かったけれど、
冒頭の駆け落ちの設定は知らなくても良かった気がする(笑)。
いい話で終わって良かった(笑)。
関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper