FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 こもりくの 日めくり万葉集 

2011年9月23金放送

万葉玉手箱
上代文学研究者 藤原茂樹さん

日本各地の川には、万葉の時代にさかのぼることができる漁港が今も残っている。
その一つが鵜飼

こもりくの 泊瀬の川の
上つ瀬に 鵜を八つ潜け 下つ瀬に 鵜を八つ潜け
上つ瀬の 鮎を食はしめ 下つ瀬の 鮎を食はしめ  
(抜粋)

上瀬尓  鵜矣八頭漬  下瀬尓  鵜矣八頭漬
上瀬之  <年>魚矣令咋  下瀬之   鮎矣令咋  

こもりくの はつせのかはの
かみつせに うをやつかづけ しもつせに うをはつかづけ
かみつせの あゆをくはしめ しもつせの あゆをくはしめ

作者未詳 13巻・3330


こもりくの=山々に囲まれた

鵜飼 万葉時代より古くから行われていた。江戸時代は150か所以上で行われていた。
現代は船鵜飼が主流だが、万葉時代は徒歩鵜飼(かちうかい)。
和歌山県有田川 今も徒歩鵜飼の伝統を伝えているが、
最盛期にはは90人以上いた鵜匠は4人だけ。


暗い中、鵜が鮎を追う素早い動きに合わせて歩く。
たいまつは重く、川底は滑りやすい。


家持はスポーツとして鵜飼を楽しみ、友人にも鵜を贈って勧めた。

叔羅川   瀬を尋ねつつ  我が背子は 鵜川立たさね  心なぐさに
叔羅河   湍乎尋都追   和我勢故波 宇可波多々佐祢 情奈具左尓
しくらがは せをたづねつつ わがせこは うかはたたさね こころなぐさに

大伴家持 19巻・4190
天平勝宝2年4月9日,年紀,贈答,大伴池主,,地名,福井,武生,高岡,富山

叔羅川の流れの早い瀬を探しながら、わが友よ、鵜飼をしたまえ、気晴らしに。


万葉時代を髣髴とさせる有田川の徒歩鵜飼は、貴重な無形文化財

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper