FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #後 歴史に消えた敗者たち 彼らはなぜ負けたのか 

蘇我氏 公共事業や外交政策で国家に多大な貢献をしていた。
馬子 仏教を導入し、国内を纏め、海外に日本は文明国であると示した。
飛鳥寺 日本初の仏教寺院。当時最先端の土木技術。
現在の20倍
広かった。大陸から来た使者も驚かせた絢爛豪華さだった。

蝦夷 外国との交流を積極的に進める。
618年 唐が成立すると遣唐使を派遣することを決め、友好関係を築いた。

入鹿 若い頃から秀才だった。

蘇我太郎(入鹿)に如くはなし 「藤子家伝」より


朝鮮半島との外交政策の転換を決める。
仲が良かった百済が642年に新羅に侵攻。
このまま百済との関係を重視すれば唐の脅威にさらされると考えた入鹿は、
新羅とも国交を結び、等距離外交を進めた。
唐・新羅の同盟 

甘樫の丘の発掘 
武器庫・兵舎・外敵から都を守る公的な要塞施設だったのではないか。
甘樫の丘は盟神探湯
(くがたちこ:古代の呪術的な裁判)が行われた神聖な丘。
蘇我氏が独断で甘樫の丘に邸宅を建てることは不可能だったのではないか。

645年 乙巳の変
中大兄皇子と中臣鎌足は、古人大兄皇子を推していた入鹿を暗殺。

その時入鹿は「私は何もしていない」と言ったという。

なぜ滅びたか
杭側は出ていると思っていない 低姿勢が大切。

カリスマ性のある人から低姿勢に接されると相手は感動する。

全ては海の杭 秋元康さんの言葉。
海の杭は海面の高さによって見える時と見えない時がある
全ては一時的なことだと思えば思い上がることはない。


敗者は勝者に悪人の印象を負わされる
天皇記・国記 馬子が聖徳太子と編纂したと言われるが消失
した。

日本書記 
24巻に漢文文法の誤りがあるなど、記述の書き換えがある
ことが分かってきた。

蘇我氏は天皇に歯向かった傲慢な一族だという記述が随所にあるのは、
中大兄皇子の子孫達が編纂したからではないか


平家物語 鎌倉時代に成立。平家の傲慢さのみを強調。

吾妻鏡
 
鎌倉幕府の執権北条氏が編纂したといわれる。北条贔屓だと思って読む必要がある。

秋元康さんの言葉
「歴史書の後ろに(勝者編)と付けていれば誠実だなと思うのに」

石井さんの言葉
「小さい負けを積み重ねておけば、ここぞという時に負けない」


吉良上野介義央 領地の三河では新田開発・堤防の建設を進めた名君。

しかし赤穂浪士の討ち入り事件で大きく取り上げられ、
たちまち歌舞伎や浄瑠璃に仕立てられた。
赤穂浪士を賛美したい観客の要望に応え、劇中で典型的な悪人に描かれるようになった。

石田三成 豊臣政権の中央政権化を進めた。

秀頼をも殺した家康は後ろめたかった。


敗者達は殊更に悪人だと断罪され、反論する機会を失ったまま、
負けたという事実以上の重荷を背負わされた。

日本人は大勢の意見を疑わない。大衆の思いが時代を動かしてきた。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper