FC2ブログ
≪ 2020 06                                                2020 08 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 小野田寛郎(旧陸軍少尉) 

あの人に会いたい
小野田寛郎 (1922~2014)
大正11年、和歌山の厳格な家に生まれ、反発しながら育った。
昭和14年、旧制中学を卒業し、貿易会社に就職。日中戦争最中の中国に渡った。
太平洋戦争が始まると徴兵され、陸軍に入った
中国語ができることなどから、陸軍中野学校に推薦された
スパイ活動やゲリラ戦を教える学校で、
「石にかじりついても生き抜け」という教えを受けた。

「覚悟が無いとやり遂げられないので強制はされなかったが、
 逃げたくはなかった



昭和19年12月、フィリピンのルバング等に派遣された。
命令は、「島にいる守備隊を指導し、ゲリラ戦を展開せよ」
2か月後、アメリカ軍が上陸し、200人の内160人近くが戦死
した。

昭和20年、終戦。
ルバング島の兵士は次々に投降していったが、
小野田さんと、共に行動していた2人は終戦を信じず、島に残った。

「私は軍人として、命令によってこの島に派遣されてきたものでありますから、
 命令の無い限りは、絶対下山することを許されるものではありません。」


森に潜んでから3年位は辛かったが、地形や果物のある場所、実る時期などを覚え、
どこで敵にぶつかっても勝ち目があると思えるようになった。

居所を隠す日々。
武器や食料など、20kgもの荷物を背負って密林を転々と歩いた。

終戦から9年目と27年目に、戦友を失った。

しかし、一人になっても気力は失わなかった。

「一人になったらどういう利点があるか~
 いくらか弱くなっただけで半分じゃないんだ~
 自分にそういうことをはっきり言い聞かせないと、あしたから生きていけないんです」



戦闘をきっかけに小野田さんの生存が発覚し、日本政府の捜索が始まった。

昭和49年3月、かつての上官から任務解除の命令が伝えられ、森を出た。
終戦から29年。一番辛かったことはという質問に、「戦友を失ったことです」。

51歳で帰国。
←怖かったと言うお母さんがうれしそうに迎えていた。よかったね。
しかし、一年足らずでブラジルへの移住を決意。

「いわゆる英雄扱いの目でいつまでも見られていることは、
どうもガラス箱の金魚のような感じがするのと、
ここらで少し自分の自由な生活をしたい、
皆様と同じだけの自由さぐらいは認めてもらいたい。」



ブラジル・南マットグロッソ州
灼熱の原野を切り開いて牧場を作る。
10年近く寝る間も惜しんで働き、1800頭の牛を飼育するまでになった。

牧場経営が軌道に乗ると、小野田さんは再び日本に目を向け、
昭和59年、「子供達に生きる力を付けてほしい」と自然塾を始めた。
平成4年には、福島県に専用のキャンプ場が完成。
のべ2万人以上の子供がさまざまな体験をした。


「もともと考えていたことなんです。
 きっかけは金属バット事件で親が殺されたこと。
 自分の少年時代から考えて、子供たちがもう少し自分らしくふるまえて、
 そういう鬱憤がたまらないようにすることじゃないかなという。
 結局ルバングの経験と言えば、熱帯の自然とか戦のことですけど、
 人間の弱さ、自分の弱さと強さだけははっきり悟ったんですね。」


子供たちにもう少し自分を表現できる、あるいは、
自分の自主的な行動ができるようにというのが狙い。

ルバング島での30年、ブラジル、日本。
どの時代も常に全力で生き抜いた。

「教訓は覚えているが、次に利用するだけ。
 あの時は苦しかったなどと、後ろは絶対振り向かない。」


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper